コンテナのオペレーション

コンテナ(バケット)及びオブジェクトリストの照会

構文

GET /v1/AUTH_{project_id}/{container}

リクエストの例 (JSON)

curl -i -X GET -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}?format=json

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Content-Length: 352
X-Container-Object-Count: 2
X-Timestamp: 1536631895.01856
Accept-Ranges: bytes
X-Storage-Policy: standard01
Last-Modified: Tue, 11 Sep 2018 02:11:36 GMT
X-Container-Bytes-Used: 420024
Content-Type: application/json; charset=utf-8
X-Trans-Id: tx6bb706abe32b4ae5a49e8-005b978263
X-Openstack-Request-Id: tx6bb706abe32b4ae5a49e8-005b978263
Date: Tue, 11 Sep 2018 08:52:51 GMT
[
   {
      "hash":"9bd5b4f25faf491080654a34d57c3636",
      "last_modified":"2018-09-11T02:12:29.991410",
      "bytes":210012,
      "name":"ncloud-test-object-0.txt",
      "content_type":"text/plain"
   },
   {
      "hash":"9bd5b4f25faf491080654a34d57c3636",
      "last_modified":"2018-09-11T02:12:29.992600",
      "bytes":210012,
      "name":"ncloud-test-object-1.txt",
      "content_type":"text/plain"
   }
]

リクエストの例 (XML)

curl -i -X GET -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}?format=XML

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Content-Length: 520
X-Container-Object-Count: 2
X-Timestamp: 1536631895.01856
Accept-Ranges: bytes
X-Storage-Policy: standard01
Last-Modified: Tue, 11 Sep 2018 02:11:36 GMT
X-Container-Bytes-Used: 420024
Content-Type: application/xml; charset=utf-8
X-Trans-Id: txfff4e8574d7e43f38b8e8-005b9782ef
X-Openstack-Request-Id: txfff4e8574d7e43f38b8e8-005b9782ef
Date: Tue, 11 Sep 2018 08:55:11 GMT
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<container name="ncloud-container-0">
   <object>
      <name>ncloud-test-object-0.txt</name>
      <hash>9bd5b4f25faf491080654a34d57c3636</hash>
      <bytes>210012</bytes>
      <content_type>text/plain</content_type>
      <last_modified>2018-09-11T02:12:29.991410</last_modified>
   </object>
   <object>
      <name>ncloud-test-object-1.txt</name>
      <hash>9bd5b4f25faf491080654a34d57c3636</hash>
      <bytes>210012</bytes>
      <content_type>text/plain</content_type>
      <last_modified>2018-09-11T02:12:29.992600</last_modified>
   </object>
</container>

リクエストが成功したら、OK (200)、No Content (204)のステータスコードをレスポンスします。 No Content (204)である場合は、Content-Typeがplainであり、リクエストに該当する内容がない場合に発生します。 コンテナ(バケット)が存在しない場合は、Not Found (404)のステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナの名前を入力します。
limit (Optional) query integer 呼び出しの結果の最大数を制限します。
marker (Optional) query string 特定のオブジェクトの後のリストを取得します。
end_marker (Optional) query string 特定のオブジェクト前のリストを取得します。
prefix (Optional) query string 該当文字列で始まるオブジェクトのリストを呼び出します。
format (Optional) query string 呼び出しの結果のフォーマットを指定します。(json, xml, plain)
delimiter (Optional) query string 該当文字列を区切り文字として使用して、オブジェクトの名前に含まれている場合は、sub-dirの結果を表示します。
path (Optional) query string 該当パスの内部のオブジェクトのリストを表示します。 pathオプションよりprefix / delimiterクエリをお勧めします。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
X-Newest (Optional) header boolean trueの場合、すべてのコピーについて問い、最も最新のコピー情報でレスポンスします。該当のヘッダーが省略された場合には、最もレスポンスが速い情報でレスポンスします。
Accept (Optional) header string 呼び出しの結果のフォーマットを指定します。(application/json, application/xml, text/xml)
X-Container-Meta-Temp-URL-Key (Optional) header string temporary URLのためのSecret Keyの値を入力します。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key-2 (Optional) header string temporary URLのための2番目のSecret Keyの値を入力します。
X-Storage-Policy (Optional) header string not supported

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
X-Container-Meta-name header string 該当コンテナのメタデータ情報です。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
X-Container-Object-Count header integer 該当コンテナ(バケット)のオブジェクトの数です。
X-Container-Bytes-Used header integer 該当コンテナ(バケット)が使う全体のサイズです。(Bytes)
Accept-Ranges header string
X-Container-Meta-Temp-URL-Key (Optional) header string temporary URLのためのSecret Keyの値です。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key-2 (Optional) header string temporary URLのための2番目のSecret Keyの値です。
X-Container-Meta-Quota-Count (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)の容量の制限値です。
X-Container-Meta-Quota-Bytes (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のオブジェクト数の制限値です。
X-Storage-Policy (Optional) header string not supported
X-Container-Read (Optional) header string 該当コンテナのREAD ACLです。
X-Container-Write (Optional) header string 該当コンテナのWRITE ACLです。
X-Container-Sync-Key (Optional) header string not supported
X-Container-Sync-To (Optional) header string not supported
X-Versions-Location (Optional) header string not supported
X-History-Location (Optional) header string noet supported
X-Timestamp header integer 該当コンテナ(バケット)が初めて生成された時刻です。(UNIX Time)
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)
Content-Type header string レスポンス結果のフォーマットです。(text/plain, application/json, application/xml, text/xml)
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
hash body string 該当オブジェクトのMD5チェックサムの値です。
last_modified body string 該当オブジェクトが最後に変更された時刻です。(UTC)
content_type body string 該当オブジェクトのタイプです。
bytes body integer 該当オブジェクトの大きさです。(bytes)
name body string 該当オブジェクトの名前です。

コンテナ(バケット)の生成

構文

PUT /v1/AUTH_{project_id}/{container}

リクエストの例 (コンテナの生成)

curl -i -X PUT -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 201 Created
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: txa8b5404ac864437293727-005b9878d1
X-Openstack-Request-Id: txa8b5404ac864437293727-005b9878d1
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:24:17 GMT

リクエストの例 (コンテナの生成、メタデータを含む)

curl -i -X PUT -H "X-Auth-Token: $token" -H "X-Container-Meta-Book: ncloud-book" -H "X-Container-Meta-Subject: ncloud-test-subject" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 201 Created
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx8282719a30554e2b8e0c7-005b987946
X-Openstack-Request-Id: tx8282719a30554e2b8e0c7-005b987946
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:26:14 GMT

リクエストの例 (コンテナの生成、ACLを含む)

curl -i -X PUT -H "X-Auth-Token: $token" -H "X-Container-Read: .r:* https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 201 Created
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx691a8ed48a3f4152ae904-005b98799c
X-Openstack-Request-Id: tx691a8ed48a3f4152ae904-005b98799c
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:27:41 GMT

リクエストが成功したら、Created (201), Accepted (202)のステータスコードをレスポンスします。 Accepted (202)である場合は、既に該当のコンテナ(バケット)が存在し、メタデータなどを変更する際に発生します。 コンテナ(バケット)が存在しない場合は、Not Found (404)のステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string 生成するコンテナ(バケット)名を入力します。最低3文字以上、最大30文字まで入力可能です。slash(/)が含まれると、{container}/{object}に認知してしまうので注意
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
X-Container-Read (Optional) header string 該当コンテナのREAD ACLです。
X-Container-Write (Optional) header string 該当コンテナのWRITE ACLです。
X-Container-Sync-Key (Optional) header string not supported
X-Container-Sync-To (Optional) header string not supported
X-Versions-Location (Optional) header string not supported
X-History-Location (Optional) header string not supported
X-Container-Meta-{name} (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のメタデータを設定します。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。追加、アップデート、削除が可能で、削除は空の値でリクエストすればよいです。
X-Container-Meta-Access-Control-Allow-Origin (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Max-Age (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Expose-Headers (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Quota-Bytes (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)の容量の制限値を入力します。(bytes) 容量が超えてから、制限をかけます。
X-Container-Meta-Quota-Count (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のオブジェクト数の制限値を入力します。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key (Optional) header string temporary URLのためのSecret Keyの値を入力します。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key-2 (Optional) header string temporary URLのための2番目のSecret Keyの値を入力します。

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Timestamp header integer not supported
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
Content-Type (Optional) header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)

コンテナ(バケット) メタデータの設定

構文

POST /v1/AUTH_{project_id}/{container}

リクエストの例 (コンテナ メタデータの生成)

curl -i -X POST -H "X-Container-Meta-Book: ncloud-book" -H "X-Container-Meta-Subject: ncloud-test-subject" -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: txefe14b178c56469b8576f-005b987d66
X-Openstack-Request-Id: txefe14b178c56469b8576f-005b987d66
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:43:50 GMT

リクエストの例 (コンテナ メタデータのアップデート)

curl -i -X POST -H "X-Container-Meta-Book: ncloud-book2" -H "X-Container-Meta-Subject: ncloud-test-subject2" -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx66932a917b854a458544a-005b987d78
X-Openstack-Request-Id: tx66932a917b854a458544a-005b987d78
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:44:08 GMT

リクエストの例 (コンテナ メタデータの削除)

curl -i -X POST -H "X-Remove-Container-Meta-Book: x" -H "X-Remove-Container-Meta-Subject: x" -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx590d9493661147e780d99-005b987df5
X-Openstack-Request-Id: tx590d9493661147e780d99-005b987df5
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:46:13 GMT

リクエストが成功すれば、No Content (204)のステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
X-Container-Read (Optional) header string 該当コンテナのREAD ACLです。
X-Container-Write (Optional) header string 該当コンテナのWRITE ACLです。
X-Container-Sync-Key (Optional) header string not supported
X-Container-Sync-To (Optional) header string not supported
X-Versions-Location (Optional) header string not supported
X-History-Location (Optional) header string not supported
X-Remove-Versions-Location (Optional) header string not supported
X-Remove-History-Location (Optional) header string not supported
X-Container-Meta-{name} (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のメタデータを設定します。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。
X-Remove-Container-{name} (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のメタデータを削除します。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。X-Remove-Container-ReadあるいはX-Remove-Container-Meta-{name}
X-Container-Meta-Access-Control-Allow-Origin (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Max-Age (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Expose-Headers (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Quota-Bytes (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)の容量の制限値を入力します。(bytes) 容量制限を超えてから、制限をかけます。
X-Container-Meta-Quota-Count (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のオブジェクト数の制限値を入力します。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key (Optional) header string temporary URLのためのSecret Keyの値を入力します。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key-2 (Optional) header string temporary URLのための2番目のSecret Keyの値を入力します。

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Timestamp header integer not supported
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
Content-Type (Optional) header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)

コンテナ(バケット)メタデータの照会

構文

HEAD /v1/AUTH_{project_id}/{container}

リクエストの例 (コンテナメタデータの照会)

curl -i -X HEAD -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
X-Container-Object-Count: 3
X-Timestamp: 1536631895.01856
Accept-Ranges: bytes
Last-Modified: Tue, 11 Sep 2018 02:11:36 GMT
X-Container-Bytes-Used: 630036
Content-Type: text/plain; charset=utf-8
X-Trans-Id: tx51f8478e8e924403851a4-005b988014
X-Openstack-Request-Id: tx51f8478e8e924403851a4-005b988014
Date: Wed, 12 Sep 2018 02:55:16 GMT

リクエストに成功すれば、No Content (204) のステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string 生成するコンテナ(バケット)の名前を入力します。最低3文字以上、最大30文字まで入力可能です。slash(/)が含まれると、{container}/{object}で認知してしまうので注意
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
X-Newest (Optional) header boolean trueの場合、全てのコピーに対して問い、最も最新のコピーの情報でレスポンスします。該当のヘッダーが省略された場合、最もレスポンスが速い情報でレスポンスします。

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
X-Container-Meta-{name} header string 該当コンテナ(バケット)のメタデータです。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
X-Container-Object-Count header integer 該当コンテナ(バケット)のオブジェクトの数です。
X-Container-Bytes-Used header integer 該当コンテナ(バケット)が使用する全体容量のサイズです。(Bytes)
X-Container-Read (Optional) header string 該当コンテナのREAD ACLです。
X-Container-Write (Optional) header string 該当コンテナのWRITE ACLです。
X-Container-Meta-Quota-Bytes (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)の容量の制限値です。(bytes)
X-Container-Meta-Quota-Count (Optional) header string 該当コンテナ(バケット)のオブジェクト数の制限値です。
Accept-Ranges header string
X-Container-Meta-Access-Control-Allow-Origin (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Max-Age (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Access-Control-Expose-Headers (Optional) header string CORS
X-Container-Meta-Temp-URL-Key (Optional) header string temporary URLのためのSecret Keyの値です。
X-Container-Meta-Temp-URL-Key-2 (Optional) header string temporary URLのための2番目のSecret Keyの値です。
X-Timestamp header integer 該当コンテナ(バケット)が初めて生成された時刻です。(UNIX Time)
X-Container-Sync-Key (Optional) header string not supported
X-Container-Sync-To (Optional) header string not supported
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)
Content-Type (Optional) header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Versions-Location (Optional) header string not supported
X-History-Location (Optional) header string not supported

コンテナ(バケット)の削除

構文

DELETE /v1/AUTH_{project_id}/{container}

リクエストの例

curl -i -X DELETE -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx762d33b115e748a29fb6e-005b98975b
X-Openstack-Request-Id: tx762d33b115e748a29fb6e-005b98975b
Date: Wed, 12 Sep 2018 04:34:35 GMT

リクエストに成功すれば、No Content (204) のステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Timestamp header integer not supported
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。 (Bytes)
Content-Type (Optional) header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...