オブジェクトのオペレーション

オブジェクトのダウンロード及びメタデータの照会

構文

GET /v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

Response Headerを通じてオブジェクトメタデータのレスポンスを受け、Response Bodyを用いてオブジェクト内容をダウンロードします。

もし大容量のオブジェクトである場合には、Response Bodyは、セグメントオブジェクトの接続内容が含みます。 Static大容量のオブジェクトに対するマニフェストを取得するなら、multipart-manifestパラメータを使用すればいいです。

リクエストの例

curl -i -X GET -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Content-Length: 210012
Accept-Ranges: bytes
Last-Modified: Tue, 11 Sep 2018 02:12:30 GMT
Etag: 9bd5b4f25faf491080654a34d57c3636
X-Timestamp: 1536631949.99141
Content-Type: text/plain
X-Trans-Id: tx9b5c78b06d0f41c5bd4bf-005b989fb7
X-Openstack-Request-Id: tx9b5c78b06d0f41c5bd4bf-005b989fb7
Date: Wed, 12 Sep 2018 05:10:15 GMT

リクエストが成功すれば、OK (200)ステータスコードをレスポンスします。 Rangeパラメータを使用してオブジェクトの内容の一部のリクエストが成功すれば、Partial Content (206)ステータスコードをレスポンスします。 該当オブジェクトが存在しない場合、Not Found (400)ステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDの値を入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
object (Optional) path string オブジェクトの名前を入力します。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
X-Newest (Optional) header boolean trueの場合、全てのコピーに対して問い、最も最新のコピーの情報でレスポンスします。該当のヘッダーが省略された場合、最もレスポンスが速い情報でレスポンスします。
temp_url_sig query string temporary url
temp_url_expires query integer temporary url
filename (Optional) query string temporary url
multipart-manifest (Optional) query string 該当オブジェクトが大容量オブジェクトであり、(X-Static-Large-Object: True)の該当パラメータがTrueである場合、セグメントオブジェクトの接続情報でレスポンスします。
Range (Optional) header string ターゲットのオブジェクトの範囲を指定して呼び出します。
Range: Bytes=-5 (最後5Bytes)
Range: Bytes=-6 (6Byte以降からRange: Bytes=10-15 (10Byteから 6Bytes)
Range: Bytes=10-15、-5 (10Bytesから6Bytes、最後5Bytes、Content-Typeがmultipart/byteranges)
If-Match (Optional) header string ETag 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616
If-None-Match (Optional) header string ETag 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616
If-Modified-Since (Optional) header string Last-Modified 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616
If-Unmodified-Since (Optional) header string Last-Modified 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
Content-Type header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Object-Meta-name (Optional) header string 該当オブジェクトのメタデータです。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。
Content-Disposition (Optional) header string ブラウザに対する作動を再定義します。
Content-Encoding (Optional) header string 該当オブジェクトのエンコーディング方法です。
X-Delete-At (Optional) header integer 該当オブジェクトの削除予定時間です。(Unix Epoch timestamp)
Accept-Ranges header string 該当オブジェクトが許可するRangeタイプです。
X-Object-Manifest (Optional) header string 大容量オブジェクト(DLO)マニフェストです。形態は{container}/{prefix}です。
Last-Modified header string 該当オブジェクトが修正された最も最新の時間です。(UTC)
ETag header string ETagヘッダーの値です。
X-Timestamp header integer 該当オブジェクトが初めて生成された時刻です。 (UNIX Time)
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Static-Large-Object header boolean 大容量オブジェクト(SLO)の有無です。

オブジェクトの生成及び変更

構文

PUT /v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

オブジェクトの内容とメタデータを生成及び変更します。
既存のオブジェクトは上書きし、既存のメタデータは変更します。

リクエストの例

curl -i -X PUT -H "X-Auth-Token: $token" -T "/FILE_PATH/OBJECT" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

レスポンスの例

HTTP/1.1 201 Created
Last-Modified: Mon, 17 Sep 2018 07:36:47 GMT
Content-Length: 0
Etag: 95444a08aec383972a52eaaac43e6dce
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: txe5ad93db05334b1cb44d2-005b9f598e
X-Openstack-Request-Id: txe5ad93db05334b1cb44d2-005b9f598e
Date: Mon, 17 Sep 2018 07:36:46 GMT

リクエストが成功すれば、Created (201)ステータスコードをレスポンスします。 リクエストがTimeoutになれば、Request Timeout (408)ステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
object (Optional) path string オブジェクト名を入力します。
multipart-manifest (Optional) query string multipart-manifest=putの場合、該当オブジェクトは大容量オブジェクト(SLO)のマニフェストとして認知します。リクエストのbody部分にマニフェストの内容を含めなければなりません。
temp_url_sig query string temp url
temp_url_expires query integer temp url
X-Object-Manifest (Optional) header string 大容量オブジェクト(DLO)のマニフェストを入力します。フォーマットは{container}/{prefix}です。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
Content-Length (Optional) header integer 該当オブジェクトのサイズを入力します。chunked transfer encodingを使用している場合、設定しなければいいです。
Transfer-Encoding (Optional) header string chunked transfer encoding使用するように設定します。使用する場合、Content-Lengthヘッダーは必ず値を0に設定しなければなりません。
Content-Type (Optional) header string 該当オブジェクトのMIMEタイプを入力します。
X-Detect-Content-Type (Optional) header boolean trueである場合、ファイルの拡張子に基づいてContent-Typeを決定します。 Content-Typeオプションより優先します。
X-Copy-From (Optional) header string オブジェクトをコピーします。該当ヘッダーの値は{container}/{object}です。Rangeヘッダーと組み合わせが可能です。
X-Copy-From-Account (Optional) header string 他のアカウントからオブジェクトをコピーします。
ETag (Optional) header string ETagヘッダーの値です。
Content-Disposition (Optional) header string ブラウザに対する作動を再定義します。
Content-Encoding (Optional) header string 該当オブジェクトのエンコーディング方法です。
X-Delete-At (Optional) header integer 該当オブジェクトの削除時間を入力します。(Unix Epoch timestamp)
X-Delete-After (Optional) header integer 該当時間の後に、該当のオブジェクトを削除します。(seconds)
X-Object-Meta-name (Optional) header string 該当オブジェクトのメタデータを設定します。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。追加、アップデート、削除が可能で、削除は空の値でリクエストすればいいです。
If-None-Match (Optional) header string ETag 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
ETag header string ETag ヘッダーの値です。
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
Content-Type header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
last_modified header string 該当オブジェクトが修正された最も最新の時間です。(UTC)

オブジェクトのコピー

構文

COPY /v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

リクエストの例

curl -i -X COPY -H "X-Auth-Token: $token" -H "Destination: $copy_destination" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

レスポンスの例

HTTP/1.1 201 Created
Last-Modified: Mon, 17 Sep 2018 08:21:36 GMT
Content-Length: 0
Etag: f1c9645dbc14efddc7d8a322685f26eb
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Copied-From-Account: AUTH_{project_id}
X-Copied-From-Last-Modified: Mon, 17 Sep 2018 07:43:40 GMT
X-Copied-From: ncloud-container-0/ncloud-object-0
X-Trans-Id: tx851b895d7fcf47f987a5a-005b9f640f
X-Openstack-Request-Id: tx851b895d7fcf47f987a5a-005b9f640f
Date: Mon, 17 Sep 2018 08:21:35 GMT

オブジェクトをコピーします。 リクエストが成功すれば、Created (201)ステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
object (Optional) path string オブジェクト名を入力します。
multipart-manifest (Optional) query string multipart-manifest=getの場合、該当オブジェクトは大容量オブジェクト(SLO)として認知します。該当オブジェクトの内容はコピーされず、マニフェストがコピーされます。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
Content-Type (Optional) header string 該当オブジェクトのMIMEタイプを入力します。
Content-Encoding (Optional) header string 該当オブジェクトのエンコーディング方法です。
Content-Disposition (Optional) header string ブラウザに対する作動を再定義します。
X-Object-Meta-{name} (Optional) header string 該当オブジェクトのメタデータを設定します。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。追加、アップデート、削除が可能であり、削除は空値でリクエストすればいいです。
X-Fresh-Metadata (Optional) header boolean trueの場合、メタデータは省略し、オブジェクトのみコピーします。デフォルトの値はfalseです。

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
X-Copied-From-Last-Modified (Optional) header integer ソースオブジェクトのlast_modifiedヘッダーの値です。
X-Copied-From (Optional) header string ソースオブジェクトのパースです。
X-Copied-From-Account (Optional) header string ソースオブジェクトのアカウントです。
Last-Modified header string コピーオブジェクトが修正された最も最新の時間です。(UTC)
ETag header string ETag 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
Content-Type header string レスポンス結果のMIMEタイプです。

オブジェクトの削除

構文

DELETE /v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

リクエストの例

curl -i -X DELETE -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Content-Length: 0
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx1fe22f08d64b4cf48a1fa-005b9f6647
X-Openstack-Request-Id: tx1fe22f08d64b4cf48a1fa-005b9f6647
Date: Mon, 17 Sep 2018 08:31:03 GMT

オブジェクトを削除します。 リクエストが成功すれば、No Content (204)ステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
object (Optional) path string オブジェクトの名を入力します。
multipart-manifest (Optional) query string multipart-manifest=deleteであり、該当オブジェクトが大容量オブジェクト(SLO)である場合、セグメントオブジェクトとマニフェストオブジェクトが両方とも削除されます。もし、該当パラメータが省略され、該当オブジェクトがstatic大容量オブジェクトである場合、マニフェストオブジェクトは削除されるが、セグメントオブジェクトは削除されません。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
Content-Type (Optional) header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)

オブジェクトメタデータの照会

構文

HEAD /v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

リクエストの例

curl -i -X HEAD -H "X-Auth-Token: $token" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Content-Length: 10485760
Accept-Ranges: bytes
Last-Modified: Mon, 17 Sep 2018 07:43:40 GMT
Etag: f1c9645dbc14efddc7d8a322685f26eb
X-Timestamp: 1537170219.48936
Content-Type: application/x-www-form-urlencoded
X-Trans-Id: tx9cdb2e24ab934e55aebd6-005b9f6a91
X-Openstack-Request-Id: tx9cdb2e24ab934e55aebd6-005b9f6a91
Date: Mon, 17 Sep 2018 08:49:21 GMT

オブジェクトメタデータを照会します。 リクエストが成功すれば、OK (200)ステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
object (Optional) path string オブジェクト名を入力します。
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
temp_url_sig query string temp url
temp_url_expires query integer temp url
filename (Optional) query string tem url
multipart-manifest (Optional) query string multipart-manifest=getであり、該当オブジェクトが大容量オブジェクトである場合、オブジェクトのメタデータの代わりにマニフェストメタデータとdynamicの大容量メタデータのX-Object-Manifestヘッダーがレスポンスします。
X-Newest (Optional) header boolean trueである場合、すべてのコピーに対して問い、最も最新のコピー情報でレスポンスします。該当ヘッダーが省略された場合、最もレスポンスが速い情報でレスポンスします。
If-Match (Optional) header string ETag 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616
If-None-Match (Optional) header string ETag 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616
If-Modified-Since (Optional) header string Last-Modified 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616
If-Unmodified-Since (Optional) header string Last-Modified 条件ヘッダーです。詳細については、該当リンクで確認 : RFC2616

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
X-Object-Meta-name (Optional) header string 該当オブジェクトのメタデータです。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。
Content-Disposition (Optional) header string ブラウザに対する作動を再定義します。
Content-Encoding (Optional) header string 該当オブジェクトのエンコーディング方法です。
X-Delete-At (Optional) header integer 該当オブジェクトの削除の予定時間です。(UNIX Time)
X-Object-Manifest (Optional) header string 該当オブジェクトが大容量オブジェクト(DLO)である場合、レスポンスされます。セグメントオブジェクトのパースが現れます。
Last-Modified header string 該当オブジェクトが修正された最も最新の時間です。(UTC)
ETag header string ETag ヘッダーの値です。
X-Timestamp header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(Unix Epoch timestamp)
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Static-Large-Object header boolean trueの場合、該当オブジェクトは大容量オブジェクト(SLO)のマニフェストオブジェクトです。
Content-Type header string レスポンス結果のMIMEタイプです。

オブジェクトメタデータの生成及び変更

構文

POST /v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

リクエストの例

curl -i -X POST -H "X-Auth-Token: $token" -H "X-Object-Meta-Subject: test-object" https://kr.archive.ncloudstorage.com/v1/AUTH_{project_id}/{container}/{object}

レスポンスの例

HTTP/1.1 202 Accepted
Content-Length: 76
Content-Type: text/html; charset=UTF-8
X-Trans-Id: tx31cb8b345bac4fe7b33ab-005b9f7388
X-Openstack-Request-Id: tx31cb8b345bac4fe7b33ab-005b9f7388
Date: Mon, 17 Sep 2018 09:27:37 GMT

オブジェクトメタデータを生成及び変更します。 リクエストが成功すれば、Accepted (202)ステータスコードをレスポンスします。

リクエストのパラメータ

Name In Type Description
project_id (Optional) path string プロジェクトIDを入力します。
container (Optional) path string コンテナ(バケット)名を入力します。
object (Optional) path string オブジェクト名を入力します。
bulk-delete (Optional) query string 複数のオブジェクト及びコンテナを一度に削除するときに使います。
extract-archive (Optional) query string
X-Auth-Token (Optional) header string 発行したTokenの値を入力します。
X-Object-Meta-{name} (Optional) header string 該当オブジェクトのメタデータです。ヘッダー名のname部分がメタデータのキーの役割をします。
X-Delete-At (Optional) header integer 該当オブジェクトの削除の予定時間を入力します。(Unix Epoch timestamp)
X-Delete-After (Optional) header integer 該当時間後には、該当のオブジェクトを削除します。(seconds)
Content-Disposition (Optional) header string ブラウザに対する作動を再定義します。
Content-Encoding (Optional) header string 該当オブジェクトのエンコーディング方法です。
Content-Type (Optional) header string 該当オブジェクトのMIMEタイプを入力します。

レスポンスのパラメータ

Name In Type Description
Date header string 該当リクエストのレスポンス時間です。(UTC)
X-Timestamp header integer 該当リクエストのレスポンス時間です。(UNIX Time)
Content-Length header string レスポンス結果の長さです。(Bytes)
Content-Type (Optional) header string レスポンス結果のMIMEタイプです。
X-Trans-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。
X-Openstack-Request-Id header string 該当リクエストのトランザクションIDです。(X-Trans-Idと同じです。)

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...