In order to provide detailed descriptions of the various NAVER CLOUD PLATFORM services, and to facilitate use of various APIs, we offer [Manual] and [API reference] separately.

Go to Object Storage API Reference >>
Go to Object Storage User Guide >>

NAVERクラウドプラットフォーム Object Storageはストレージ管理と使用における必要なS3 APIを提供しています。

バージョン: Amazon S3 v2006-03-01

呼び出しドメイン(Endpoint)

HTTP/ HTTPSプロトコルの両方をサポートするが、データを保護するためにHTTPSの使用をお勧めします。

リージョン別の呼び出しドメイン

リージョン リージョン名 呼び出しドメイン
韓国 kr-standard https://kr.object.ncloudstorage.com
米国西部(New) us-standard https://us.object.ncloudstorage.com
シンガポール(New) sg-standard https://sg.object.ncloudstorage.com
日本(New) jp-standard https://jp.object.ncloudstorage.com
ドイツ(New) de-standard https://de.object.ncloudstorage.com

提供するリジョンは継続的に拡大していく予定です。

認証キー(Credential)

ポータルマイページ>アカウント管理> 認証キーの管理で生成されたAPI認証キーを使用します。



以下はS3 APIを使用してNAVERクラウドプラットフォームObject Storageにアクセスする際に使用できるすべてのオペレーションを説明します。 例を含むオペレーションの使い方に関する追加情報を確認するには、バケットオペレーション、オブジェクトオペレーションページを参照してください。

アカウント関連のオペレーション

アカウントレベルでは、そのアカウントに属するバケットリストを照会するオペレーションのみをサポートします。アカウントのバケット数は1,000本に限られます。

オペレーション 説明
GET account アカウントに属するバケットリストを照会します。

バケットオペレーション

バケットを作成、削除、照会、制御するオペレーションのことを説明します。

バケット内のオブジェクトのリスト照会GET Bucket(List Objects)Version2はサポートしません。

オペレーション 説明
DELETE Bucket 空のバケットを削除します。
DELETE Bucket CORS バケットに適用されたCORS(cross-origin resource sharing)の設定を削除します。
GET Bucket バケットに含まれているオブジェクトを照会します。一度に最大1,000本のオブジェクトが表示されます。
GET Bucket ACL バケットに適用されるアクセス制御リスト(ACL)を照会します。
GET Bucket CORS バケットに適用されたCORS(cross-origin resource sharing)の設定を照会します。
HEAD Bucket バケットのヘッダを照会します。
GET multipart uploads 完了していないか、キャンセルされたマルチパートのアップロードを照会します。
PUT Bucket バケットを作成します。アカウントのバケット数は1,000本に制限されます。
PUT Bucket ACL バケットに適用するアクセス制御リスト(ACL)を作成します。
PUT Bucket CORS バケットに適用するCORS(cross-origin resource sharing)の設定を作成します。

オブジェクトのオペレーション

オブジェクトを作成、削除、照会、制御するオペレーションを説明します。

オペレーション 説明
DELETE Object バケットからオブジェクトを削除します。
DELETE Multiple Objects バケットからマルチパートオブジェクトを削除します。
GET Object バケットからオブジェクトを照会します。
GET Object ACL オブジェクトに適用されたアクセス制御リスト(ACL)を照会します。
HEAD Object オブジェクトのヘッダーを照会します。
OPTIONS Object CORS(cross-origin resource sharing)の設定を確認して、特定の要請を転送することができるか照会します。
POST Object HTMLフォームでバケットにオブジェクトを追加します。
PUT Object バケットにオブジェクトを追加します。
PUT Object ACL オブジェクトに適用するアクセス制御リスト(ACL)を作成します。
PUT Object (Copy) オブジェクトのコピーを生成します。
Initiate Multipart Upload アップロードするマルチパートに指定するアップロードIDを生成します。
Upload Part アップロードIDに関連付けられたオブジェクトのパートをアップロードします。
Upload Part (Copy) アップロードIDに関連付けられた既存のオブジェクトのパートをアップロードします。
Complete Multipart Upload アップロードIDに関連付けられたパートに分けられたオブジェクトを結合します。
Abort Multipart Upload アップロードを中断し、アップロードIDに関連付けられたパートを削除します。
List Parts アップロードIDに関連付けられたパートリストを返還します。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...