In order to provide detailed descriptions of the various NAVER CLOUD PLATFORM services, and to facilitate use of various APIs, we offer [Manual] and [API reference] separately.

Go to Object Storage API Reference >>
Go to Object Storage User Guide >>

オブジェクトのオペレーション

オブジェクトのアップロード

オブジェクトのパスが指定されたPUTリクエストを送信すると、リクエストの本文をオブジェクトにアップロードします。該当のオブジェクトのSHA256ハッシュは必須ヘッダーです。すべてのオブジェクトのサイズは、5TBに制限されます(マルチパートを使用する場合は、以下の内容を参照)。オペレーションに使用されるパラメータ、ペイロードはありません。

構文

PUT https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name} # path style
PUT https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name} # virtual host style

リクエストの例

PUT /example-bucket/queen-bee HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20160825T183001Z
x-amz-content-sha256: STREAMING-AWS4-HMAC-SHA256-PAYLOAD
Content-Type: text/plain; charset=utf-8
Host: kr.object.ncloudstorage.com

Content-Length: 533

 The 'queen' bee is developed from larvae selected by worker bees and fed a
 substance referred to as 'royal jelly'. After a short while the 'queen' is
 the mother of nearly every bee in the hive, and the colony will fight
 fiercely to protect her.

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, 25 Aug 2016 18:30:02 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: 9f0ca49a-ae13-4d2d-925b-117b157cf5c3
ETag: "3ca744fa96cb95e92081708887f63de5"
Content-Length: 0

ブジェクトヘッダーの照会

オブジェクトのパスが指定されたHEADにリクエストを送信すると、オブジェクトのヘッダーを照会します。オペレーションに使用されるパラメータ、ペイロードはありません。

構文

HEAD https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name} # path style
HEAD https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name} # virtual host style

ヘッダー (オプション)

ヘッダー タイプ 説明
range string 指定した範囲内でオブジェクトのサイズをバイト単位で返却します。
x-amz-copy-source-if-match string (ETag) 指定されたETag文字列がソースオブジェクトと一致する場合、メタデータを返却します。
x-amz-copy-source-if-none-match string (ETag) 指定されたETag文字列がソースオブジェクトと異なる場合、メタデータを返却します。
x-amz-copy-source-if-unmodified-since string (timestamp) 指定した日付以降にソースオブジェクトを修正しない場合は、メタデータを返却します。有効な日付形式でなければなりません(例: Wed、30 Nov 2016 20:21:38 GMT)。
x-amz-copy-source-if-modified-since string (timestamp) 指定した日付以降にソースオブジェクトを修正した場合、メタデータを返却します。有効な日付形式でなければなりません (例: Wed, 30 Nov 2016 20:21:38 GMT)。

リクエストの例

HEAD /example-bucket/soldier-bee HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20160825T183244Z
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, 25 Aug 2016 18:32:44 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: da214d69-1999-4461-a130-81ba33c484a6
ETag: "37d4c94839ee181a2224d6242176c4b5"
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Last-Modified: Thu, 25 Aug 2016 17:49:06 GMT
Content-Length: 11

オブジェクトのダウンロード

オブジェクトのパスが指定されたGETリクエストを転送すると、オブジェクトをダウンロードします。オペレーションに使用されるパラメータ、ペイロードはありません。

構文

GET https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name} # path style
GET https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name} # virtual host style

ヘッダー (オプション)

ヘッダー タイプ 説明
range string 指定した範囲内でオブジェクトのサイズをバイト単位で返却します。
x-amz-copy-source-if-match string (ETag) 指定されたETag文字列がソースオブジェクトと一致する場合、オブジェクトを返却します。
x-amz-copy-source-if-none-match string (ETag) 指定されたETag文字列がソースオブジェクトと異なる場合、オブジェクトを返却します。
x-amz-copy-source-if-unmodified-since string (timestamp) 指定した日付以降にソースオブジェクトを修正しない場合は、オブジェクトを返却します。有効な日付形式でなければなりません(例: Wed, 30 Nov 2016 20:21:38 GMT)。
x-amz-copy-source-if-modified-since string (timestamp) 指定した日付以降にソースオブジェクトを修正した場合、オブジェクトを返却します。有効な日付形式でなければなりません(例: Wed, 30 Nov 2016 20:21:38 GMT)。

リクエストの例

GET /example-bucket/worker-bee HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20160825T183244Z
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Thu, 25 Aug 2016 18:34:25 GMT
x-amz-request-id: 116dcd6b-215d-4a81-bd30-30291fa38f93
Accept-Ranges: bytes
ETag: "d34d8aada2996fc42e6948b926513907"
Content-Type: text/plain; charset=UTF-8
Last-Modified: Thu, 25 Aug 2016 17:46:53 GMT
Content-Length: 467

 Female bees that are not fortunate enough to be selected to be the 'queen'
 while they were still larvae become known as 'worker' bees. These bees lack
 the ability to reproduce and instead ensure that the hive functions smoothly,
 acting almost as a single organism in fulfilling their purpose.

オブジェクトの削除

オブジェクトのパスが指定されたDELETEリクエストを送信すると、オブジェクトを削除します。オペレーションに使用されるパラメータ、ペイロードはありません。

構文

DELETE https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name} # path style
DELETE https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name} # virtual host style

リクエストの例

DELETE /example-bucket/soldier-bee HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Date: Thu, 25 Aug 2016 17:44:57 GMT
x-amz-request-id: 8ff4dc32-a6f0-447f-86cf-427b564d5855
Accept-Ranges: bytes

オブジェクトのコピー

新しいオブジェクトのパスが指定されたPUTリクエストを送信すると、x-amz-copy-sourceヘッダーに指定されたオブジェクトのコピーを生成します。コピーを変更しない限りコピーのメタデータは、オリジナルと同じように保持されます。但し、コピーを生成したアカウントに適用されたACLの設定は、privateにリセットされます。オペレーションに使用されるパラメータ、ペイロードはありません。

構文

PUT https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name} # path style
PUT https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name} # virtual host style

ヘッダー (オプション)

ヘッダー タイプ 説明
x-amz-metadata-directive string (COPY 또는 REPLACE) REPLACEを指定すると、提供された新しいメタデータにソースメタデータを上書きします。
x-amz-copy-source-if-match string (ETag) 指定したETag文字列がソースオブジェクトと一致する場合、コピーを生成します。
x-amz-copy-source-if-none-match string (ETag) 指定したETag文字列がソースオブジェクトと異なる場合、コピーを生成します。
x-amz-copy-source-if-unmodified-since string (timestamp) 指定した日付以降にソースオブジェクトを修正しない場合、コピーを生成します。有効な日付形式でなければなりません(例: Wed, 30 Nov 2016 20:21:38 GMT)。
x-amz-copy-source-if-modified-since string (timestamp) 指定した日付以降にソースオブジェクトを修正しない場合、コピーを生成します。有効な日付形式でなければなりません(例: Wed, 30 Nov 2016 20:21:38 GMT)。

リクエストの例

以下は、gardenバケットからbeeオブジェクトを持ち出し、新しいキーであるwild-beeを使ってexampleバケットにコピーの生成をリクエストする例です。

PUT /example-bucket/wild-bee HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20161130T195251Z
x-amz-copy-source: /garden/bee
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 30 Nov 2016 19:52:52 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: 72992a90-8f86-433f-b1a4-7b1b33714bed
ETag: "853aab195ce770b0dfb294a4e9467e62"
Content-Type: application/xml
Content-Length: 240
<CopyObjectResult xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/">
  <LastModified>2016-11-30T19:52:53.125Z</LastModified>
  <ETag>"853aab195ce770b0dfb294a4e9467e62"</ETag>
</CopyObjectResult>

オブジェクトに適用されたアクセス制御リスト(ACL)の照会

オブジェクトのパスの後ろに ?acl=のパラメータが指定されたGETリクエストを送信すると、リクエストしたオブジェクトに適用されたアクセス制御リスト(ACL)を照会します。オペレーションに使用されるペイロードはありません。

構文

GET https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name}?acl= # path style
GET https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name}?acl= # virtual host style

リクエストの例

GET /example-bucket/queen-bee?acl= HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20161207T155945Z
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 07 Dec 2016 15:59:46 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: 78541562-29bf-4800-9eb3-0c360f0a037a
Content-Type: application/xml
Content-Length: 550
<AccessControlPolicy xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/">
  <Owner>
    <ID>{owner-user-id}</ID>
    <DisplayName>{owner-user-id}</DisplayName>
  </Owner>
  <AccessControlList>
    <Grant>
      <Grantee xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="CanonicalUser">
        <ID>{owner-user-id}</ID>
        <DisplayName>{owner-user-id}</DisplayName>
      </Grantee>
      <Permission>FULL_CONTROL</Permission>
    </Grant>
  </AccessControlList>
</AccessControlPolicy>

オブジェクトに適用するアクセス制御リスト(ACL)の作成

提供されるパラメータとともにオブジェクトにPUTリクエストを送信すると、リクエストしたオブジェクトに適用するアクセス制御リスト(ACL)を作成します。 ACLを適用すると、アカウントのIDや、予め作られたACL(デフォルトのACL)を使用して、他のアクセス許可集合を付与することができます。

NAVERクラウドプラットフォームObject Storageサービスを利用している会員を対象に、バケットとオブジェクトにアクセス権を付与することができます。

NAVERクラウドプラットフォームObject Storageの利用申請を完了した会員は、Object Storageで使用できるIDが発行されます。 このIDは、バケットとオブジェクトのアクセス権を設定するときに使用されます。

また、認証なしでアクセス可能になるpublic-read、public-writeの権限の設定も可能です。

下記の表は、権限の種類と該当の権限が付与された場合、可能なオペレーションを説明します。

権限 バケットに付与された場合 オブジェクトに付与された場合
READ バケットに属するオブジェクトリストの照会が可能です。 オブジェクトデータとメタデータの読み込みが可能です。
WRITE 新しいオブジェクトを生成したり、既存のオブジェクトに上書きまたは削除が可能です。 N/A
READ_ACP バケットのACLの照会が可能です。 オブジェクトのACLの照会が可能です。
WRITE_ACP バケットのACLの設定が可能です。 オブジェクトのACLの設定が可能です。
FULL_CONTROL READ、WRITE、READ_ACP、WRITE_ACPの権限で可能なすべてのオペレーションを行うことができます。 READ、READ_ACP、WRITE_ACPの権限で可能なすべてのオペレーションを行うことができます。

下記の表は、NAVERクラウドプラットフォームObject StorageでサポートするデフォルトのACLを説明します。この表に記載されていない値はサポートされません。

基本ACL 適用対象 説明
private バケット、オブジェクト 所有者にFULL_CONTROLの権限を付与します。(default)
public-read バケット、オブジェクト 所有者にFULL_CONTROLの権限を付与し、すべてのユーザーにREAD権限を付与します。
public-read-write バケット、オブジェクト 所有者にFULL_CONTROLの権限を付与し、すべてのユーザーにREADとWRITE権限を付与します。
authenticated-read バケット、オブジェクト 所有者にFULL_CONTROLの権限を付与し、認証されたユーザーにREAD権限を付与します。

オブジェクトレベルでは、WRITE権限を付与することができません(バケットレベルでのみ可能)。

構文

PUT https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name}?acl= # path style
PUT https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name}?acl= # virtual host style

リクエストの例 (デフォルトのACL)

x-amz-acl ヘッダーとデフォルトのACLの値を渡してオブジェクトにACLを振り当てることができます。

PUT /example-bucket/queen-bee?acl= HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20161207T162842Z
x-amz-acl: public-read
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 07 Dec 2016 16:28:42 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: b8dea44f-af20-466d-83ec-2a8563f1617b
Content-Length: 0

リクエストの例 (デフォルトのACL)

x-amz-acl ヘッダーとデフォルトのACLの値を伝達すると、オブジェクトをアップロードする際に、すぐACLを割当てることができます。次はqueen-beeオブジェクトで、誰もが偽名でアクセスできるように公開をリクエストする例です。

PUT /example-bucket/queen-bee HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20161207T162842Z
x-amz-acl: public-read
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 07 Dec 2016 16:28:42 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: b8dea44f-af20-466d-83ec-2a8563f1617b
Content-Length: 0

リクエストの例 (ユーザー定義のACL)

以下は、ユーザー定義のACLを指定して、他のアカウントに名前が「queen-bee」であるオブジェクトに適用されたACLを確認することはできるが、オブジェクト自体にはアクセスできないようにリクエストする例です。参考までに第三番目のアカウントには、すべての権限が付与されているので、同じオブジェクト内では、すべてのオペレーションを行うことができます。

PUT /example-bucket/queen-bee?acl= HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20161207T163315Z
Content-Type: text/plain
Host: kr.object.ncloudstorage.com
Content-Length: 564
<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<AccessControlPolicy xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/">
  <Owner>
    <ID>{owner-user-id}</ID>
    <DisplayName>OwnerDisplayName</DisplayName>
  </Owner>
  <AccessControlList>
    <Grant>
      <Grantee xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="CanonicalUser">
        <ID>{first-grantee-user-id}</ID>
        <DisplayName>{first-grantee-user-id}</DisplayName>
      </Grantee>
      <Permission>READ_ACP</Permission>
    </Grant>
    <Grant>
      <Grantee xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" xsi:type="CanonicalUser">
        <ID>{second-grantee-user-id}</ID>
        <DisplayName>{second-grantee-user-id}</DisplayName>
      </Grantee>
      <Permission>FULL_CONTROL</Permission>
    </Grant>
  </AccessControlList>
</AccessControlPolicy>

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 07 Dec 2016 17:11:51 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: ef02ea42-6fa6-4cc4-bec4-c59bc3fcc9f7
Content-Length: 0

オブジェクトCORSの設定を確認

オブジェクトのCORS設定を確認

ソース(origin)とリクエストタイプとオブジェクトのパスが指定されたOPTIONSリクエストを送信すると、該当のリクエストタイプでソース(origin)からオブジェクトにアクセスできるか確認します。他の要求とは異なり、OPTIONSリクエストを受信した場合には、authorizationまたはx-amx-dateヘッダーは必要ありません。

構文

OPTIONS https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name} # path style
OPTIONS https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name} # virtual host style

リクエストの例

OPTIONS /example-bucket/queen-bee HTTP/1.1
Access-Control-Request-Method: PUT
Origin: http://example.com
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Wed, 07 Dec 2016 16:23:14 GMT
Accept-Ranges: bytes
x-amz-request-id: 9a2ae3e1-76dd-4eec-a8f2-1a7f60f63483
Access-Control-Allow-Origin: *
Access-Control-Allow-Methods: PUT
Access-Control-Allow-Credentials: true
Vary: Origin, Access-Control-Request-Headers, Access-Control-Allow-Methods
Content-Length: 0

オブジェクトマルチパートのアップロード

ラージオブジェクトを扱う場合には、マルチパートのアップロードオペレーションを使用することをお勧めします。単一のオブジェクトは、パート集合の一部としてアップロードすることができます。パートは、任意の順番で一つずつアップロードしたり、一度にアップロードすることができます。アップロードが完了すると、すべてのパートは、NAVERクラウドプラットフォームObject Storageに単一のオブジェクトとして表示されます。この方法は、様々なメリットを提供します。ネットワークが中断されても、アップロードは失敗しません。アップロードを中断してから、再起動することができ、オブジェクトを生成するとすぐにアップロードすることもできます。

マルチパートアップロードはオブジェクトの容量が5MBを超える場合にのみサポートします。ラージオブジェクトは、複数のパートに分けてアップロードすると、パフォーマンスを最適化することができます。マルチパートアップロードの数は最大10,000個に制限されます。この時、各パートのサイズは、最大5GBまで可能であり、オブジェクトのサイズは、5TBを超えないようにします。

マルチパートアップロードを実装する作業は複雑なため、直接実装するのではなく、マルチパートアップロードをサポートするS3 APIのライブラリを使用することをお勧めします。

未完了のマルチパートは、該当のオブジェクトが削除されたり、AbortIncompleteMultipartUploadで中断されるまで継続されます。未完了のマルチパートアップロードを中断しなければ、一部のアップロードで引き続きリソースを使用します。インターフェイスを実装するときは、この点を念頭に置いて、未完了のマルチパートアップロードが削除されることができるよう実装する必要があります。

複数のパートからのオブジェクトをアップロードするプロセスは、次の3段階で構成されます。

  1. アップロードが初期化され、UploadIdが生成されます。
  2. 各パートのアップロードの順番を指定して、該当のオブジェクトにUploadIdを指定すると、アップロードが行われます。
  3. すべてのパートがアップロードされるとUploadId、各パートの番号が記載されてXMLブロック、パート別のEtag値を受信したリクエストを送信してアップロードプロセスを完了します。

マルチパートアップロードの初期化

uploadパラメータでオブジェクトにPOSTリクエストを送信すると、UploadIdの値を生成します。アップロードされるオブジェクトの各パートで生成されたUploadIdの値を参照します。

構文

POST https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name}?uploads= # path style
POST https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name}?uploads= # virtual host style

リクエストの例

POST /some-bucket/multipart-object-123?uploads= HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20170303T203411Z
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Fri, 03 Mar 2017 20:34:12 GMT
Accept-Ranges: bytes
Content-Type: application/xml
Content-Length: 276
<InitiateMultipartUploadResult xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/">
  <Bucket>some-bucket</Bucket>
  <Key>multipart-object-123</Key>
  <UploadId>0000015a-95e1-4326-654e-a1b57887784f</UploadId>
</InitiateMultipartUploadResult>

パートのアップロード

partNumberとuploadIdのパラメータが指定されたPUTリクエストをオブジェクトに送信すると、該当のオブジェクトのパートのうち一本をアップロードします。パートは順次一つずつアップロードすることも、並列的にまとめてアップロードすることもできるが、必ず番号が指定されていなければなりません。

構文

PUT https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name}?partNumber={sequential-integer}&uploadId={uploadId} # path style
PUT https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name}?partNumber={sequential-integer}&uploadId={uploadId} # virtual host style

リクエストの例

PUT /some-bucket/multipart-object-123?partNumber=1&uploadId=0000015a-df89-51d0-2790-dee1ac994053 HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20170318T035641Z
Content-Type: application/pdf
Host: kr.object.ncloudstorage.com
Content-Length: 13374550

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Sat, 18 Mar 2017 03:56:41 GMT
Accept-Ranges: bytes
ETag: "7417ca8d45a71b692168f0419c17fe2f"
Content-Length: 0

マルチパートアップロードの完了

uploadIdパラメータと本文にある該当のXMLブロックでオブジェクトにPOSTリクエストを送信するマルチパートアップロードを完了します。

構文

POST https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name}?uploadId={uploadId} # path style
POST https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name}?uploadId={uploadId} # virtual host style
<CompleteMultipartUpload>
  <Part>
    <PartNumber>{sequential part number}</PartNumber>
    <ETag>{ETag value from part upload response header}</ETag>
  </Part>
</CompleteMultipartUpload>

リクエストの例

POST /some-bucket/multipart-object-123?uploadId=0000015a-df89-51d0-2790-dee1ac994053 HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20170318T035641Z
Content-Type: text/plain; charset=utf-8
Host: kr.object.ncloudstorage.com
Content-Length: 257
<CompleteMultipartUpload>
  <Part>
    <PartNumber>1</PartNumber>
    <ETag>"7417ca8d45a71b692168f0419c17fe2f"</ETag>
  </Part>
  <Part>
    <PartNumber>2</PartNumber>
    <ETag>"7417ca8d45a71b692168f0419c17fe2f"</ETag>
  </Part>
</CompleteMultipartUpload>

レスポンスの例

HTTP/1.1 200 OK
Date: Fri, 03 Mar 2017 19:18:44 GMT
Accept-Ranges: bytes
ETag: "765ba3df36cf24e49f67fc6f689dfc6e-2"
Content-Type: application/xml
Content-Length: 364
<CompleteMultipartUploadResult xmlns="http://s3.amazonaws.com/doc/2006-03-01/">
  <Location>https://kr.object.ncloudstorage.com/example-bucket/multipart-object-123</Location>
  <Bucket>some-bucket</Bucket>
  <Key>multipart-object-123</Key>
  <ETag>"765ba3df36cf24e49f67fc6f689dfc6e-2"</ETag>
</CompleteMultipartUploadResult>

未完了のマルチパートのアップロードの削除

uploadIdパラメータでオブジェクトにDELETEリクエストを送信すると、マルチパートの未完了のパートをすべて削除します。

構文

DELETE https://{endpoint}/{bucket-name}/{object-name}?uploadId={uploadId} # path style
DELETE https://{bucket-name}.{endpoint}/{object-name}?uploadId={uploadId} # virtual host style

リクエストの例

DELETE /some-bucket/multipart-object-123?uploadId=0000015a-df89-51d0-2790-dee1ac994053 HTTP/1.1
Authorization: {authorization-string}
x-amz-date: 20170318T035641Z
Host: kr.object.ncloudstorage.com

レスポンスの例

HTTP/1.1 204 No Content
Date: Thu, 16 Mar 2017 22:07:48 GMT
Accept-Ranges: bytes

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...