料金請求

NAVERクラウドプラットフォームのサービスやソリューションを利用した際に発生する料金の請求基準と方法を説明します。

注意
有料商品は使用しなくても作成した時点から使用料金が発生するため、課金を望まない場合はユーザーが直接コンソールで利用の解除または返却する必要があり、未返却により請求された金額は払い戻しできないため注意してください。

参考
使用量を算定する毎月1日から末日までの期間算定は、韓国標準時(UTC+9)が基準となります。


料金請求は、次のような内容で構成されています。


料金請求の基準と方法

料金は、毎月1日から末日までの使用量を基準に算定します。算定された利用料金に対する請求書は、翌月の3日に、会員登録時に入力したメールアドレスと携帯電話番号にそれぞれメールとSMSで送信されます。ユーザーに通知した後、同月10~14日に予め登録した決済手段を通じて最終的に自動決済が行われます。

注意
有料商品は使用しなくても作成した時点から使用料金が発生するため、課金を望まない場合はユーザーが直接コンソールで利用の解除または返却する必要があり、未返却により請求された金額は払い戻しできないため注意してください。

参考
使用量を算定する毎月1日から末日までの期間算定は、韓国標準時(UTC+9)が基準となります。


に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...