本文書は機械翻訳された文書で、語彙、構文、文法に誤りが生じます。 専門家の翻訳が完了したら修正される予定です。

気になる点は、お問い合わせでお問い合わせください。

便利なサービスの提供に最善を尽くします。

ご利用の前に

Q. WebtoB 商品は何ですか?

  • 韓国を代表する次世代ウェブサーバーWebtoBをサーバーインストール型で提供します。
  • 大量のクライアント要請をサーバのリソースを少なく消耗しながら安定的に処理できます。
  • クラスタリングによる負荷調節やFailoverを提供し、差別化された機能を提供します。(WEBAPI、JEUS最適連携、出力圧縮など)

Q. WebtoB商品にはどんな特徴がありますか。

  • オンラインTransaction処理(Online Transaction Processing、OLTP):WebtoBはウェブ上での大規模なトランザクション処理に適するように設計され、処理速度遅延、サーバダウンなどウェブシステム上の問題を効果的に解決します。
  • WebtoBアーキテクチャ: WebtoBはシステムプロセス、ウェブコンテナ、サーバプロセス、管理者ツールに大きく構成されています。 管理者ツールであるWSM(WebtoB System Manager)はWebtoB内のすべてのプロセス運用を担当し、全体のシステムが効率的に動作するようにサポートします。

Q. WebtoBサーバーはどうやって生成しますか?

  • コンソールのCompute > ServerメニューからWebtoBサーバー画像を選択して作成できます。
  • 希望する仕様のサーバーを作成し、必要に応じてストレージを追加します。
  • 月額料金制と時間料金制で請求され、サーバーを作成した後、接続環境を設定して利用することができます。
  • WebtoBウェブサービスを利用するために公認IPアドレスを申請し、ACG設定でServer Portポート"を追加する必要があります。(Portは変更可能です。)
  • コンソールに接続した後、次のステップで簡単にサーバを作成できます。

Q. WebtoB Web サービスに接続できません。

  • WebtoB Web サービスを使用するためには、公認IP アドレスを申請してサーバに割り当てなければなりません。また、ACG にWeb Server Portポートが追加されている必要があります。
  • 公認IPアドレスとACGを確認した後も接続されない場合、ウェブサーバプロセスが停止された状態であることがありますので、ターミナルでリスタートコマンドを実行してプロセスを再開してください。

WebtoBサーバ作成

WebtoBサーバ作成および接続過程は、以下の手順に従って行ってください。

Step 1. コンソール接続

コンソールに接続して、Compute > Serverメニューを選択します。

① サーバを生成するには、サーバ生成 ボタンをクリックします。

Step 2. サーバ画像選択

WebtoBサーバーのイメージを選択してサーバーを作成します。

① WebtoB 画像を選択します。

Step 3. サーバ設定

ストレージの種類、サーバタイプ、料金プラン、Zoneを選択して、サーバ名を入力します。

① Zoneを選択します。

  • NAVERクラウドプラットフォームは、1つのRegionを提供します。

② 起動ストレージで使用するストレージの種類を選択します。

③ 希望のサーバータイプを選択します。

  • 一部のサーバースペックは起動ディスクタイプによって対応されない場合があります。
  • 使用容量によってサーバータイプのいずれかを選択してください。

④ 料金プランは、月額料金プランまたは時間料金プランの中から選択できます。

⑤ サーバー名を入力します。

  • お客様がサーバーを区別するための名称で、重複して使用することはできません。

次のボタンをクリックします。

Step 4. 認証キー設定

保有している認証鍵がある場合は、保有している認証鍵の利用を選択し、ない場合は下記の手順に従って新しい認証鍵を生成します。

新しい認証キー生成を選択します。

② 認証キー名を入力します。

認証キーの生成と保存ボタンをクリックしてローカル PC に認証キーファイルを保存します。

  • 新しい認証キーを発行されます。
  • 保存後、認証キーはお客様のPCの安全な場所に保管してください。
  • 認証キーは、最初の管理者パスワードを読み込むときに利用されます。

次のボタンをクリックします。

Step 5. ACG設定

保有するACGを利用したり、新規ACGを作成してファイアウォールを設定できます。

保有するACGの利用

保有するACGを利用してファイアウォールを設定する方法については、以下のとおりです。

① ACGは必須とし、基本的に提供する‘ncloud-default-acg’を含め、保有しているACGの中から一つを選択します。

  • 保有するACGは最大5個まで選択できます。
  • 必須にACGを選択すると、次のボタンが有効になって設定を進めることができます。

② 保有しているACG以外に新規ACGを生成して設定したい場合は、新規ACG生成を選択します。

次のボタンをクリックします。

新たにACGを作成

新たにACGを生成してファイアウォールを設定する方法として、以下の点が挙げられます。

① 新規ACG生成でACG生成ボタンをクリックします。

② ACG名を入力します。

③ ACG設定でプロトコル、アクセスソース、許容ポートを入力して作成します。

  • プロトコル: TCP、UDP、ICMPから選択
  • アクセスソース: IPアドレスまたはACG名入力
  • 許容ポート: 単一ポートまたは範囲の指定
  • ターミナル接続のためには、接続先のサーバーのACGにSSH'TCP/22'のルールが設定されていなければならず、
    ルールを追加するには、プロトコル、アクセスソース、許容ポートを記載し、追加のボタンをクリックします。

④ サービスポートがすべて追加された場合、生成ボタンをクリックします。

Step 6. 最終確認

設定した内容を最終確認します。

① サーバーイメージ、サーバー、認証キー、ACG が正常に設定されているかを確認します。

② 最終確認の後は、サーバー生成ボタンをクリックします。

  • サーバが生成されるまでは数分から数十分かかります。

サーバーリストから確認

生成したサーバーをリストで確認します。

① 生成したサーバーがリストに表示されます。

② サーバが生成され、 WebtoBがインストールされ、サーバの状態が運用中になるまで待機します。

接続環境設定

公認IPアドレスの使用申請

WebtoB商品を使用するには、必ず公認IPアドレスを利用して接続しなければならず、公認IPアドレス使用に対する料金が別途加算されます。

① 左側のメニューからPUBLIC IPメニューを選択します。 公認IPアドレスを割り当てられるには、グローバルIPの申し込み ボタンをクリックします。

適用サーバー選択で公認IP アドレスを割り当てるWebtoB サーバーを選択します。

次へボタンをクリックします。 適用サーバー名を確認し、再度生成ボタンをクリックします。

ポートフォワーディング設定

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバーに接続するには、ポートフォワーディングを設定する必要があります。

① 左側のメニューから Serverメニューを選択します。 サーバーに接続するには、ポートフォワーディング設定ボタンをクリックします。

② ポートフォワーディング設定画面で外部ポート番号を設定します。 外部ポート番号の入力範囲は1024~65、534で、サーバー接続のための機能以外にサービス用途で使用できません。
(内部ポート番号は22で決まっています。)

追加ボタンをクリックすると、設定内訳が下段に追加され、修正削除ボタンをクリックして、設定内訳を修正、削除することができます。

適用ボタンをクリックすると、設定した外部ポートでターミナルプログラムを利用してSSH接続を行うことができます。

ACG生成

ACGにターミナル接続SSH('TCP/22')およびWebtoBサービス('TCP/UDP'設定)ルールを追加します。
サーバ作成時にルールを既に追加した場合は、この段階のACG設定作業を行う必要はありません。

① 上段のACG生成ボタンをクリックします。

② ACG名を入力します。

③ 設定が完了したら、生成ボタンをクリックします。

ACG設定

① 生成したACGを選択します。

② 上段のACG設定ボタンをクリックします。

③ ACGルール設定でプロトコル、アクセスソース、許容ポートを入力して作成します。

  • プロトコル: TCP、UDP、ICMPから選択
  • アクセスソース: IPアドレスまたはACG名入力
  • 許容ポート:単一ポートまたは範囲指定

  • ターミナル接続のためには、接続先のサーバのACGにSSH'TCP/22'のルールが設定されている必要があります。

  • ルールを追加するには、プロトコル、アクセスソース、許容ポートを記載し、追加のボタンをクリックします。

④ 設定が完了したら、適用ボタンをクリックします。

サーバー管理者のパスワード確認

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバーに接続するには、管理者パスワードを確認する必要があります。

① 左側のメニューから Serverメニューを選択します。

② 該当サーバーを選択し、サーバー管理および設定変更管理者パスワード確認を選択します。

Drop files here or click to uploadボタンをクリックし、サーバ生成時に個人PCに保存した認証キーファイル(.pem)を添付します。

④ 添付後、パスワード確認ボタンをクリックするとターミナルプログラムでサーバ接続時に使用するパスワードを得ることができます。

  • サーバーに接続後、管理者が記憶できるパスワードに変更して使用することをおすすめします。

ターミナル接続

ターミナルプログラム(PuTTYなど)でサーバに接続してWebtoBプロセスを管理できます。

ターミナルプログラムでサーバーに接続

① ターミナルプログラム(PuTTYなど)を実行します。

② サーバリストまたは内容の表示で確認した"サーバ接続用公認IP"と"外部ポート"の値を入力して、Openボタンをクリックすると、サーバに接続されます。

  • サーバー接続用の公認IP確認:コンソールのServer > Serverメニューでサーバーを選択し、詳細情報ポートフォワーディング情報サーバー接続用の公認IP値を確認
  • 外部ポート番号の確認:コンソールのServer > Serverメニューでサーバーを選択し、詳細情報ポートフォワーディング情報外部ポート値を確認

③ ユーザー情報およびパスワードを入力してログインします。

  • login as: root
  • password: 上で確認した管理者パスワード

④ ログイン後は、rootアカウントのパスワードが記憶できるパスワードに変更することをおすすめします。 passwd rootコマンドを入力し、新しいパスワードを入力します。

WebtoB起動·終了

インストールされた基本インスタンスについて、Linuxサービスに登録しておき、以下のコマンドを利用して起動および終了を遂行できます。

  • 起動 : systemctl start webtob5002
  • 中止 : systemctl stop webtob5002
  • ステータス確認 : systemctl status webtob5002

最初のサーバーを作成した後、以下のようなページを呼び出して正常インストール可否を判断することができます。 (公認IP接続およびACG設定をご確認ください。)

関連情報のショートカット

NAVERクラウドプラットフォームWebtoB商品で使用されているソフトウェアの詳細は次のウェブページをご確認ください。

以下の説明書で関連情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...