目次

ご紹介

NAVERクラウドプラットフォームWORKBOXは強力な管理機能により効果的なコラボレーションを可能にする企業専用のファイル共有サービスです。 WORKBOXサービスを利用すれば1か所でファイルを安全に管理し、コラボ関係の会社内外の同僚と簡単にファイルを共有できます。 また、明確でシンプルな個人/共有フォルダの構造、初めて利用するユーザーも速くて簡単に使えるインターフェースにより、誰でも手軽にサービスを利用できます。

メリット

  • シンプルな構造のフォルダを使った易しくて簡単なファイルの共有

    WORKBOXは共有フォルダと個人フォルダをシンプルに分けて、ファイル共有サービスにおけるフォルダの構造の複雑性を減らした直観的なUIを提供します。
    また、フォルダ共有、リンク共有などの様々な機能が提供されるため、内/外部のコラボレーションに必要なすべてのファイル固有シナリオに対処できます。

  • 強力なサービス環境管理ツールの提供

    WORKBOXの管理者には主要機能の利用権限設定、共有フォルダの利用環境設定、構成員の招待/管理といった様々なサービス環境を直接構成できる管理ツールが提供されます。
    それによりそれぞれの企業が希望するレベルの共有/コラボレーション環境へWORKBOXサービスをカスタマイズできます。

  • 保存スペースの柔軟な管理によるコスト削減

    WORKBOXの保存スペースの使用量はリアルタイムで確認でき、容量の追加購買および返却も小さい単位から直ちに行えるように具現されています。
    従って、状況に合わせて保存スペースを柔軟に拡張/縮小できるため、ストレージ費用を削減できます。

  • 高いレベルのアクセス制御およびセキュリティ機能

    共有フォルダ別に修正権限と閲覧権限を細分化した、高いレベルのアクセス制御処理が可能です。
    また、管理者に提供される2次認証設定機能、パスワードレベル設定機能などの主なセキュリティ管理機能を利用すれば、WORKBOXサービスの環境をさらに安全に構成できます。

全体のプロセス

  • WORKBOXサービスの申込み

    • コンソールにアクセスしてWORKBOXサービスを申し込みます。
  • WORKBOXウェブページへのアクセスおよび環境設定

    • 使用する企業で希望するレベルに合わせてファイル共有サービスの管理項目を設定します。
  • 構成員の招待およびファイル共有サービスの利用

    • 一緒に使用する構成員を招待し、共有フォルダおよび個人フォルダを利用します。
  • 容量購買および返却

    • 基本提供される容量が足りない場合、追加容量を購買します。
    • 逆に、使用量に比べて容量が多い場合は追加で購買した容量に限って返却を行います。

使用限度

ユーザー 使用限度の説明
Trailユーザー 共用容量100GBおよびユーザー1人当たり10GBの容量が与えられ、構成員の最大の数は10人です。
有料ユーザー 共用容量1,000GBおよびユーザー1人当たり10GBの容量が与えられ、構成員の数に制限はありません。

マニュアルのメニューのご紹介

  • WORKBOXを始めるはWORKBOXを本格的に使う前の段階で、NAVERクラウドプラットフォームのコンソールで商品を申し込んで登録した後、WORKBOXにアクセスする手順についての説明を提供するメニューです。
  • WORKBOXの使用はWORKBOXにアクセスした後、ユーザーがWORKBOXをどのように活用できるのかについての説明を提供するメニューです。
  • WORKBOXの管理はWORKBOXの利用における利便性の向上のために管理者が活用できる管理機能についての説明を提供するメニューです。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...