使用前に

Q. 'NAVER CLOUD PLATFORM 管理者'と'WORKPLACE管理者'の違いは何ですか?

  • NAVER CLOUD PLATFORM管理者(以下、’NAVERクラウドプラットフォーム管理者’)はNAVER CLOUD PLATFORM ホームページにログインしてWORKPLACEのお申込みを進めたユーザーです。WORKPLACEのお申込みと同時にNAVERクラウドプラットフォームの管理権限(’NAVERクラウドプラットフォーム管理者’)とWORKPLACEの管理権限(’WORKPLACE管理者’)が同時に与えられ、当該ユーザーを’代表WORKPLACE管理者’と称します。
  • WORKPLACE商品及び料金管理はNAVER CLOUD PLATFORMコンソールからでき、’NAVERクラウドプラットフォーム管理者’のみNAVER CLOUD PLATFORMコンソールにアクセスできます。’NAVERクラウドプラットフォーム管理者’と'WORKPLACE管理者'の権限の範囲が異なるため、WORKPLACE申込みを進めたアカウントを変更または削除することはお勧めしません。

Q. 権限を変更したり権限を有するアカウントを削除することは可能ですか?

  • 管理者は本人に与えられた権限の範囲内で権限を生成したり付与したり解除できます。
  • ’代表WORKPLACE管理者’アカウントの場合、必ず少なくとも1名の管理者が維持されなければなりません。代表WORKPLACE 管理者アカウントを削除するためにはまず権限を委任しなければなりません。

Q. 特定メニューに対する権限を生成することはできますか?

  • WORKPLACE は追加の権限生成機能を提供します。管理メニュー別のアクセス権限を生成することによって業務別管理が可能です。

紹介

  • NAVERクラウドプラットフォーム管理者

    NAVER CLOUD PLATFORM管理者(以下'NAVERクラウドプラットフォーム管理者')はNAVER CLOUD PLATFORMホームページにログインしてWORKPLACE申込みを進めたユーザーです。 WORKPLACEのお申込みと同時にNAVERクラウドプラットフォームの管理権限(’NAVERクラウドプラットフォーム管理者’)とWORKPLACEの管理権限(’WORKPLACE管理者’)が同時に与えられます。WORKPLACE商品及び料金管理はNAVER CLOUD PLATFORMコンソールから可能で、’NAVERクラウドプラットフォーム管理者’のみNAVER CLOUD PLATFORMコンソールにアクセスできます。

  • WORKPLACE 管理者

    WORKPLACEの使用環境を会社の必要に応じて設定し、ユーザーアカウントを含めたサービス運営を管理します。各メニュー別に管理者権限を付与または回収する最高権限を有します。NAVERクラウドプラットフォームの管理権限とWORKPLACE管理権限を同時に有する1名のユーザーを’代表WORKPLACE管理者’と定義します。代表WORKPLACE管理権限を持ったアカウントを削除するためにはWORKPLACE管理者権限を有する他のユーザーに代表の権限を委任する必要があります。

WORKPLACE 管理者の管理範囲

'勤務/费用/管理' メニューへアクセスする

  • WORKPLACE 管理メニューは 'マイスペース'の中でサービス上段メニューに盛り込まれています。
  • '勤務/コスト/管理' メニューは管理権限のあるユーザーの画面にのみ表示されます。

権限の管理

権限の範囲

管理者の種類によって権限の範囲が異なり、上位管理者は下位管理者の権限を含みます。WORKPLACE代表管理者は1名のみ可能で、その他数名がメニュー別管理権限を有することができ、権限の範囲内のメニューのみ表示されます。

権限付与の原則

管理者は権限を他の人に与えたり委任できます。付与できる権限の範囲は本人が持っている権限と同じか、それより小さくなければなりません。

権限付与の方法

WORKPLACE管理者は 管理 > 権限管理 メニューで権限を追加したり修正できます。

  • 管理者の追加または変更は権限設定メニューで権限を付与できます。
  • 権限の追加を利用して特定メニューへのアクセスに関する権限を生成できます。
  • 代表WORKPLACE管理権限のアカウントを削除する際は、WORKPLACE管理者権限を有する他のアカウントに代表の権限を委任する必要があります。
  • 権限の名前と当該権限の付与を受ける人数を一目瞭然に確認できます。

① WORKPLACE 管理者を入力して 追加をクリックします。

② 解除を希望する管理者は 解除をクリックして社員の権限を解除できます。権限が解除されてもユーザーとしての利用は維持されます。

③ 特定メニューに見合った権限を追加する際は権限を追加をクリックするとポップアップウィンドウが開かれます。

④ 開かれたポップアップウィンドウで追加する権限名を入力して権限の範囲を選択します(例: 権限名 - パスワード管理者)。

⑤ 管理者が生成した権限は [削除]または [修正] ボタンをクリックして権限名を削除したり修正できます。

⑥ 安全なデータ管理のために管理メニューアクセスの際にログインをもう一度するように設定できます。

2次認証

管理者メニューへアクセスの際、データのセキュリティと安全性を強化するためにログインをもう一度してアクセスできます。

  • 2次認証の周期:認証の維持時間は3時間です。

関連情報へショートカット

以下のガイドで関連情報を確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...