「出退社(ON/OFF)」の紹介

会社が「勤務」サービスを使っていてモバイル出退社チェックをする場合にのみ表示されるエリアで、出退社(ON/OFF)をチェックして社員の勤労時間を記録します。

利用者の勤務方式によりチェック方式が「1日1回」に設定された際に出社(ON)ボタンのみ表示され、「1日2回」で設定された際に出社(ON)と退社(OFF)ボタンがすべて表示されます。勤務方式が指定されていない社員は出退社チェックができず、勤務管理者に問い合わせて勤務方式を指定してもらってから可能になります。

1日1回 チェック:

出社前

  • 出社(ON) ボタンのみ有効化状態に見えます。[ON]ボタンを押して出社をチェックします。
    • 基準日は本日で表示されます。
    • 基本的に本日は該当日の通常勤労時間の開始時間を基準とします。
    • 勤労日の通常勤労時間が終了するまで出社をチェックしないと欠勤とみなして[ON]ボタンが消え、[ドキュメント作成] > [勤務結果の申込]書式を作成して承認を得てはじめて出社時間が反映されます。
  • 出社時間を入力してから[確認]ボタンを押します。
    • 「出社」エリアの日付は本日を基準にして前日/当日/翌日から選択できます。前日の夜、緊急業務により出社して翌日の通常業務時間まで連続で勤務したか、零時が過ぎた時間まで延長勤務をする場合は出社日付を選択して入力します。
    • 出社時刻は[ON]ボタンをクリックした時間(以下、現在時間)で表示されるが、出社時間の前または後の時間に変更して保存することができます。ただ、遅刻時には現在時間以降の時間でのみ入力できます。
  • 休憩および外部勤務の追加:勤務方式の設定により「休憩および外部勤務の追加」が表示されることがあります。基本的に与えられた休憩時間以外の休憩時間を入力するか、外部勤務時間を追加することができます。
    • 追加入力した休憩時間は出社と退社の間にある場合、チェック時間から差し引(-)かれます。
    • 出退社記録の間に追加入力された休憩時間は、基準日の合計勤務時間から差し引(-)かれます。
    • 出退社記録の前または後に追加入力された外部勤務時間は基準日の合計勤務時間に合計(+)します。
    • 通常勤労の開始時間の前または通用勤労の終了時間以降の入力時間は勤務結果の申込書式を使って承認を受けた時間のみ「延長」勤務として反映されます。
    • 休憩時間を勤労時間に合わせて与える場合でも、追加で入力した外部勤務時間には自動休憩が適用されないので、休憩を除く時間を入力するか休憩を追加する必要があります。
  • 不在 :基準日に利用者が申込んだ勤労時間に合計される不在日程がある場合に表示されます。1日に多様な不在がある場合は基準勤労時間(「自由に出退社」する場合は標準勤労時間)まで合計して表示されます。
  • ONボタン表示の開始時間:該当社員の勤務方式により決まります。(例:勤務方式別の通常勤労時間が始まって直ちに/30分前/60分前/90分前/120分前)
  • 遅刻記録の可否:「決まった時刻に出退社」する方式で勤務方式設定により「遅刻」を使う場合は記録されることがあります。
    • 通常勤労時間以降の出社チェック時は「遅刻」と記録されます。
    • 遅刻時は現在時間より前の時間で出社時間を入力することができません。
    • 勤務方式により遅刻に個人通知が設定された場合、通常勤労の下位時間の前にEメールやモバイルで通知してもらうことができます。
      • 勤務方式設定による利用者の休日/休業日には遅刻通知(Eメール/モバイル)が届きません。

[確認]ボタンをクリックした結果

[確認]をクリックすると出退社記録が保存されます。

  • もしモバイルの位置情報を確認して特定半径内でのみ出社を入力するように制限した場合、自分の機器における位置情報にアクセスするように許容可否を確認してもらうことになり、許容時は出社入力ができる位置である場合に出退社記録が保存されます。この際、自分の機器における位置情報へのアクセスを許容しなければGPSによる位置確認ができないので、出退社記録を保存することができません。

  • もしモバイル の位置情報を確認した結果、許容された半径から外れた場所で出社をチェックした場合は出社入力ができず、保存されません。

出社ONチェックの後

  • 出社チェックをしてからは[OFF]ボタンのみ無効化状態で表示されます。1日1回チェックする方式は出社のみチェックし、退社時間は通常勤労時間の終了時間に自動で計算されます。
  • 退社時間以降に勤労したか会社が設定した夜間時間に勤労した場合に[ドキュメント作成] > [勤務結果の申込]書式を作成して承認を得てはじめて「延長」勤務および「夜間」勤務として反映されます。

1日2回チェック:

出社前

  • 出社(ON)ボタンの有効化、退社(OFF) ボタンは無効化状態で表示されます。[ON]ボタンを押して出社をチェックします。
  • 基準日は本日で表示されます。
    • 基本的に本日は該当日の通常勤労の開始時間を基準とします。
    • 「決まった時刻に出退社」する社員は、勤労日の通常勤労時間が終了するまで出社をチェックしなければ欠勤とみなしてONボタンが消え、[ドキュメント作成] > [勤務結果の申込]書式を作成して承認を得てはじめて出社時間が反映されます。
    • 「自由に出退社」する社員は翌日の出社(ON)ボタンが有効化するまで入力できます。
  • 出社時間を入力してから[確認]ボタンを押します。
    • 「出社」エリアの日付は本日基準で前日/当日/翌日から選択することができます。前日の夜、緊急業務により出社して翌日の通常業務時間まで連続で勤務したか、零時を過ぎた時間まで延長勤務をする場合は出社の日付を選択して入力します。
    • 出社時刻は[ON]ボタンをクリックした時間(以下、現在時間)と表示されるが、出社時間の前または以降の時間に変更して保存することができます。ただ、遅刻時は現在時間以降の時間でのみ入力できます。
  • 休憩および外部勤務の追加 :勤務方式設定により「休憩および外部勤務の追加」ボタンが表示されることがあります。基本的に設定された休憩時間以外に休憩時間を設定したり外部勤務時間を追加することができます。
    • 休憩時間
      • 追加で入力された休憩時間が出社と退社の間にある場合、チェック時間から差し引(-)かれます。
      • 出退社記録の間に追加入力された休憩時間は、基準日の合計勤務時間から差し引(-)かれます。
    • 外部勤務時間
      • 出退社記録の前または以降に追加で入力された外部勤務時間は基準日の合計勤務時間に合計(+)します。
      • 「決まった時刻に出退社」する方式である場合は通常勤労の開始時間の前、通常勤労の終了時間の後の外部勤務時間は、勤務結果の申込書式により承認を得た時間のみ「延長」勤務時間として認められます。
      • 「自由に出退社」する方式である場合は勤労の終了時間が別途に定まっていないので、入力された外部勤務時間が「通常」勤労時間に合計されます。しかし、精算期間内に基準勤労時間をすべて満たした場合は承認を得て「延長」と記録されます。
      • 休憩時間を勤労時間に合わせて与える場合でも追加で入力した外部勤務時間には自動休憩が適用されないので、休憩を除く時間を入力するか休憩を追加する必要があります。
  • 不在:基準日に利用者が申込んだ勤労時間に合計される不在日程がある場合に表示されます。1日に多様な不在がある場合は基準勤労時間(「自由に出退社」する場合は標準勤労時間)まで合計して表示されます。
  • ONボタン表示の開始時間:該当社員の勤務方式により決まります。
    • 「決まった時刻に出退社」する方式である場合、勤務時間別の通常勤務時間が始まって直ちに/30分前/60分前/90分前/120分前と設定できます。
    • 「自由に出退社」する方式の場合、該当の日に設定された勤労時間の開始時間から直ちにONボタンが表示されます。
  • 遅刻記録の有無:「決まった時刻に出退社」する方式で勤務方式の設定により「遅刻」を使う場合は記録されることがあります。
    • 通常勤労時間以降に出社チェックをすると「遅刻」と記録されます。
    • 遅刻時は現在時間より前の時間で出社時間を入力することはできません。
    • 勤務方式の設定により遅刻に個人通知が設定されている場合、通常勤労の開始時間の前にEメールやモバイルで通知してもらえます。
      • 勤務方式の設定により利用者の休日/休業日には遅刻の通知(Eメール/モバイル)が届きません。
  • 義務勤労遵守記録の有無:「自由に出退社」する方式で勤務方式の設定により「義務勤労遵守」を使う場合は記録されることがあります。
    • 設定された義務勤労の開始時間より遅く出社したか義務勤労の終了時間より早く退社するときは「未遵守」で記録されることがあります。
    • 義務勤労未遵守の際は、義務勤労の開始時間の前に出社時間を入力することができません。
    • 勤務方式の設定により義務勤労の順守に個人通知が設定されている場合、義務勤労の開始時間に先立ちEメールやモバイルで通知してもらうことができます。

「確認」ボタンをクリックした結果

「確認」をクリックすると出退社記録が保存されます。

  • もしモバイルの位置情報を確認して特定半径内でのみ出社を入力するように制限した場合、自分の機器における位置情報にアクセスするように許容可否を確認してもらうことになり、許容時は出社入力ができる位置である場合に出退社記録が保存されます。この際、自分の機器における位置情報へのアクセスを許容しなければ、GPSによる位置確認ができないため出退社記録を保存することができません。

  • もしモバイル の位置情報を確認した結果、許容された半径から外れた場所で出社をチェックした場合は出社入力ができず、保存されません。

出社ONチェックの後

  • 出社チェックをしてからは[ON]ボタンの前に出社時刻が表示され、OFFボタンが有効化します。
  • OFFボタンは翌日ONボタンが有効化する前まで表示されます。

退社OFFのチェック

  • 退社(OFF) ボタンを押して退社をチェックします。
    • 退社時間は現在時間より後の時間を入力することができません。
    • 退社をチェックしないと勤労時間の算定ができません。退社チェックをせずに退社した場合、勤務結果の申込書式で承認を得てはじめて勤労時間が認められます。
  • 退社の日付と時間を入力します。もし基準日の前日夜あるいは翌日の深夜に退社した結果を登録する場合は日付を選択する必要があります。[確認]ボタンを押します。
    • 退社時刻はOFFボタンをクリックした時間(以下、現在時間)で表示されるが、退社時間の前に変更して保存することができます。ただ、早退を使うときは早退基準より早い時間を入力すると早退と記録されます。
    • もしモバイルの維持情報を確認して特定半径内でのみ出社を入力するように制限した際は、許容された半径から離れた場所で退社をチェックした場合は退社入力ができず、保存されません。

  • 休憩および外部勤務の追加 :勤務方式設定により「休憩および外部勤務の追加」が表示されることがあります。基本的に設定された休憩時間以外に休憩時間を設定したり外部勤務時間を追加することができます。
    • 「決まった時刻に出退社」する方式である場合は通常勤労の開始時間の前、通常勤労の終了時間の後の外部勤務時間は、勤務結果の申込書式により承認を得た時間のみ「延長」勤務時間として認められます。
    • 「自由に出退社」する方式である場合は勤労の終了時間が別途に定まっていないので、入力された外部勤務時間が「通常」勤労時間に合計されます。しかし、精算期間内に基準勤労時間をすべて満たした場合は承認を得て「延長」と記録されます。
    • 休憩時間を勤労時間に合わせて与える場合でも追加で入力した外部勤務時間には自動休憩が適用されないので、休憩を除く時間を入力する休憩を追加する必要があります。
  • 不在:基準日に利用者が申込んだ勤労時間に合計される不在日程がある場合に表示されます。1日に多様な不在がある場合は基準勤労時間(「自由に出退社」する場合は標準勤労時間)まで合計して表示されます。
  • 早退記録の有無:勤務方式の設定により「早退」を使う場合は通常勤労時間が終了する前に退社チェックをすると「早退」と記録されます。
  • 義務勤労遵守記録の有無:「自由に出退社」する方式で勤務方式の設定により「義務勤労遵守」を使う場合は記録されることがあります。
    • 設定された義務勤労の開始時間より遅く出社したか義務勤労の終了時間より早く退社するときは「未遵守」で記録されることがあります。
    • 義務勤労未遵守の際は、義務勤労の開始時間の前に出社時間を入力することができません。
    • 勤務方式の設定により義務勤労の順守に個人通知が設定されている場合、義務勤労の開始時間に先立ちEメールやモバイルで通知してもらうことができます。
  • 退社(OFF)をクリックすると勤務結果の申込書式にすぐつながる場合、「自由に出退社」する方式は精算期間内に基準勤労時間を超過すると勤務結果の申込書式を使うかを知らせます。「決まった時間に出退社」する方式では退社(OFF)と同時に勤務結果の申込書式につながる場合はありません。
    • 精算期間内に基準勤労時間が超過すると勤務結果の申込書式により承認を得ていない場合、出退社時間は記録されても勤労時間としては認められません。
    • [勤務方式の設定]で設定された基準勤労時間のうち「不在時間を含む」のチェック可否により勤務結果の申込書式の連携タイミングが変わることがあります。詳細は勤務方式の設定ガイドをご参考ください。

その他の状況別出退社カードのステータス

休日/休業日 :利用者個人の勤務スケジュールに休日/休業日と設定された日は出退社ボタンが表示されません。休日に勤務した場合は勤務結果の申込書式を作成して承認を要請します。

勤務方式の未登録 :勤務方式が指定されていない社員は、勤務管理者に勤務方式を指定してもらってから出退社をチェックすることができます。

モバイルの位置情報収集に未同意 :モバイルの出退社チェックを使う際は位置情報保護法による同意(必須)が必要です。位置情報収集に同意しない際は[マイスペース]の出/退社エリアで出退社チェックをすることができません。

出退社の未チェック

  • 「決まった時刻に出退社」する方式である場合、当日の通常勤務の終了時間まで出社をチェックしないと該当日(本日)の出退社をチェックすることができません。勤務結果の申込書式を作成して承認を得てはじめて勤労時間が認められます。
  • 「自由に出退社」する方式は、通常勤務の終了時間が別途定められていないため、勤労日には常時[ON]ボタンが有効化しています。

勤務管理者による出退社の入力

勤務管理者が代わりに出退社時間を入力したか勤労時間を入力した場合は、出退社ボタンが無効化して表示されます。

出退社記録(チェック時間)と勤労時間の表示が異なる場合

WORKPLACEは、韓国の勤労基準法を遵守して、通常スケジュール以外の業務時間は利用者の業務指示があり承認済みの場合にのみ、勤労時間として認めています。

勤務方式に設定された該当日の通常勤務の開始時間の前または通常勤務の終了時間の後の入力時間は勤務結果の申込書式により承認された時間のみ「延長」勤務に反映されます。

例えば9時に出社、18時に退社する固定スケジュールで勤務する会社で、8時30分に出社して出社ONを入力しても勤務結果の申込書式で承認されなければ通常勤務の開始時間の9時以前の30分は勤労時間として認められません。

また、上記の会社で退社時間以降の24時(零時)まで追加勤務をして退社OFFを入力しても、勤務結果の申込書式により承認を得なければ通常勤務の終了時間である18時以降の約6時間は勤労時間として認められず、夜間の時間記録も共に認められません。

逆に早く出社して遅く退社した内容を勤務結果の申込みで決済承認を得る場合、午前の30分と夜の6時間が延長時間として記録されます。また会社が設定した夜間時間が22時以降であれば、2時間の延長(夜間)時間も一緒に記録されます。

「勤務管理」の紹介

自分の不在日程の申込内訳および同僚の不在現状が確認できます。

私の不在記録

自分の残りの休暇および不在日程の申込内訳が確認できます。

  • 予定された不在日程の場合、不在日程のエリアで委任者とEメールの送信可否を設定することができます。

不在状況

該当週間における会社全体あるいは本人が所属している組織の不在現状を表示します。

  • 照会権限をもつ社員にのみ不在状況のメニューが表示され、照会範囲と照会権限は人事管理者が設定します。
  • 不在項目、不在日付と期間が一緒に表示され、週単位で移動して照会することができます。

出退社状況

自分と同僚の月間出退社状況を確認します。

  • 勤務サービスを使用する場合は出退社の現状メニューが表示されます。

① 検索条件を入力して照会します。

  • 基本的に当該年度当月の自分の出退社現状が照会されます。
  • 照会権限をもつ利用者(例:部署長)には検索エリアに社員名の検索ウィンドウが立ち上がり、社員名で検索して照会範囲内にある同僚の出退社現状が照会できます。
  • 照会範囲と照会権限は勤務管理者が設定します。

② 社員の出社/退社/休憩/外部勤務/不在/遅刻可否/義務勤労遵守の可否が表示されます。

  • 出社/退社:出社/退社をチェックした時間です。
  • 休憩:社員の合計休憩時間です。会社が設定した休憩時間+個人が追加した時間が表示されます。
  • 外部勤務:利用者が追加した外部勤務時間です。休憩時間を勤労時間に合わせて付与する場合も、追加で入力した外務勤務時間には自動で休憩が適用されないので、休憩を除いた時間を入力するか休憩を追加する必要があります。
  • 不在:利用者が申し込んだ勤労時間に合計される不在日程が時間で表示されます。当日に不在日程ある場合は時間単位で表示されます。
  • 遅刻:遅刻可否のチェックを使う勤務方式である場合、遅刻時は「v」字が表示されます。
  • 早退:早退可否のチェックを使う勤務方式である場合、早退時は「v」字が表示されます。
  • 義務勤労の順守:義務勤労時間の順守をチェックする勤務方式である場合、遵守時は「o」字、未遵守時は「x」字が表示されます

詳細を押して出退社の記録を変更したり休憩/外部勤務を追加することができます。

  • 出退社時間の修正可否は勤務方式の設定により決まります。
  • 退社時間の変更時は、もし基準日前日の夜あるいは翌日の深夜に退社した結果を登録する場合に日付を選択しなければなりません。
  • 変更可能期間は、勤務管理者が設定した期間内となっています。(例:本日から3日前の記録まで修正可能)。
  • 変更可能期間内に含まれた日付だとしても欠勤時(該当日付に出退社記録が全く入力されていない場合)の「詳細」から出退社時間を変更することができません。
  • 変更可能期間以外の出退社時間変更は[マイスペース] > [ドキュメント作成]の勤務結果の申込書式を作成して承認を得なければなりません。
  • 不在:基準日に利用者が申込んだ勤務時間に合計される不在日程がある場合に表示されます。

「勤務確定」を押して締切日までの勤務を確定します。該当ボタンは、管理者が設定した締切日~確定期間にかけて表示され、この期間内に勤務を確定しない場合はボタンが消えます。勤務確定をすると、締切日以前のデータはこれ以上修正できません。

勤務状況

自分と同僚の月間の勤務現状を確認します。

  • 会社が勤務サービスを使用する場合は勤務現状メニューが表示されます。

① 検索条件を入力して照会します。

  • 基本的に当該年度当月の自分の勤務現状データ(通常/延長/夜間/合計)が照会されます。
  • 勤務状況の照会権限をもつ利用者(例:部署長)には検索エリアに「社員名」の検索ウィンドウが立ち上がり、社員名で検索して照会範囲内にある同僚の勤務現状が照会できます。

② 勤務日別の勤務時間(通常/延長/夜間/休日勤務時間)が表示されます。

  • 通常:
    • 決まった時刻に出退社する方式:勤務方式で設定した通常勤務時間に勤務した場合は通常と記録し、「勤労時間に合計される不在日程」がある日に出退社記録があるときは勤務時間として認められる範囲は以下の通りです。
      • 不在日程と勤務記録が共に存在する日の通常勤務時間の算定
        • 不在使用時間 < 通常勤務時間
          • (不在使用時間 +勤務時間) =< 通常勤務時間の場合は不在使用時間+勤務時間が認められます。
          • (不在使用時間+勤務時間) > 通常勤務時間の場合は通常勤務時間まで認められます。
        • 不在使用時間 >= 通常勤務時間
          • 不在使用時間+勤務時間は不在使用時間まで認められます。
    • 自由に出退社する方式:勤務方式から設定した精算期間における基準勤労時間以内の勤務時間を通常と記録します。
    • 「勤労時間に合計される不在日程」でも休日/休業日の不在は勤労時間に合計されません。
  • 延長:
    • 決まった時刻に出退社」する方式:通常勤労で設定した通常勤務の開始時間の前または通常勤労の終了時間以降に勤労した場合、勤務結果の申込書式から承認された時間のみ 延長と記録します。
    • 自由に出退社する方式(曜日別):勤務方式で設定した精算期間内に基準勤労時間(例:週40時間)をすべて満たした場合、勤務結果の申込書式により承認を得た時間を延長と記録します。
      • 例外として基準勤労時間に不在使用時間を含んだ場合、不在日程が基準勤労時間を超過すると自動で延長と記録されます。
  • 夜間:勤務方式の設定時に「夜間勤労時間」(例:22:00~06:00)と設定された時間に勤務する場合、該当の勤務時間は夜間で記録されます。
  • 休日:勤務方式設定時に「休日」と設定された曜日に勤労する場合、該当の勤務時間は休日勤務時間として記録され、休日一般、休日延長、休日夜間と区別して記録します。

③ 現在時点の当月基準の勤労時間に対する累積時間を確認することができます。

  • 当月基準の勤労時間:当月の通常勤労時間の合計です。
    • 「決まった時刻に出退社」方式は日間の通常スケジュールを参考します。通常勤務の終了時間: - 通常勤務の開始時間 - 通常勤務の開始と終了の間にある休憩時間を反映して1か月の勤労計画を基準勤労時間とします。
    • 「自由に出退社」する方式は通常のスケジュールがなく自由に出退社することで、基準勤労時間の算定時に日間の標準勤労時間を参考します。日間の標準勤労時間を反映して1か月の勤労計画を基準勤労時間とします。
  • 累積時間:当月現在時点までの日間「通常+延長+休日通常+休日延長」の合計時間です。
  • 途中入社者の勤労時間処理
    • 勤務方式が適用されて以来、途中入社した者や勤務方式が期間内に変更された社員は基準勤労時間と最大勤労可能時間を日割りで計算します。
    • 「決まった時刻に出退社」方式は勤務方式の日別の通常スケジュール(例:9:00-18:00、休憩を除く1日8時間)*の勤務日数を日割りで計算し、最長勤労可能時間も1週間の最長勤労可能時間(例:週12時間)*途中入社者の該当週における勤務可能日(休日を含む)/7で日割り計算します。
    • 「自由に出退社」方式は日間標準勤労時間(例:1日8時間)*勤務日数を日割りで計算し、最長勤労可能時間も1週間の最長勤労可能時間(例:週12時間)*途中入社の算定期間中の勤務可能日(休日を含む)/7で日割り計算します。

「勤務確定」を押して締切日までの勤務を確定します。該当のボタンは管理者が設定した締切日~確定期間中に表示され、この期間内に勤務を確定しない場合はボタンが消えます。勤務確定の要請はメールでも確認でき、勤務確定次に締切日前のデータは修正できません。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...