ドキュメント管理

決裁管理者がシステム上のすべてのキュメントを照会し、処理中のドキュメントの処理者を委任処理することができます。ドキュメントを隠せば利用者の画面に該当ドキュメントが表示されないようにします。

検索:照会する情報を入力すると必要な情報を速やかに見つけることができます。

ドキュメントの照会:リストからドキュメントをクリックするとドキュメントの詳細画面に移動します。

隠す:ドキュメントを隠すと利用者画面および管理者画面から該当ドキュメントが表示されません。

隠したドキュメントを含む:チェックボックスにチェックを入れてからドキュメント照会時に管理者の画面から隠したドキュメントを再び照会することができます。ただ、ドキュメントに隠したドキュメントにキャンセルラインが入った状態で表示されます。

表示する:キャンセルラインが入ったドキュメントを選択して表示するをクリックすると、ドキュメントが再び管理者と利用者の画面に表示されます。

[ダウンロード]:リストのドキュメント情報をエクセルファイルでダウンロードします。

不在内訳の照会

すべての不在日程が照会できる画面です。管理者が代わりに不在日程を作成する機能も提供します。

不在内訳の照会に移動します。

② 検索:照会したい情報を入力すると必要な情報を速やかに見つけることができます。

③ 社員たちが登録した不在内訳を照会することができます。

④ 社員不在の際は管理者が社員の代わりに不在日程を作成することができます。不在日程の作成ボタンをクリックします。

⑤ 不在する社員名を入力します。自動完成機能を提供します。

⑥ タイトルを入力します。

⑦ 不在項目を選択します。

⑧ 不在の事由を入力します。

⑨ 不在状態の共有を設定します。設定ボタンを押します。

  • 共有可否をチェックします。連続で選択された不在は連続期間についての共有可否が表示されます。連続で選択された不在でない場合、日付別に共有可否が表示されることがあり、共有する日付を選択します。
  • 共有する時間帯を入力します。該当日付の該当時間帯にのみ不在メールが送信されるか決裁委任が行われます。
  • 不在メッセージを作成します。
    • 申込中の日付と同じ日付に別の不在設定がある場合、不在メッセージが最新登録情報に維持されることを知らせます。
    • 入力した内容は上記の共有期間に社員情報の不在状態で表示されます。
  • 決裁委任の可否を選択します。
    • 決裁を委任するにはチェックして委任者を検索および選択します。
    • 該当社員に届いた決裁要請は上記で設定した共有期間に委任者に伝わります。
    • 申込中の日付と同じ日付に別の不在設定がある場合、委任事項が最新登録情報で維持されることを知らせるメッセージが立ち上がります。

ファイル添付のアイコンをクリックするかマウスでドラッグアンドドロップして関連資料を添付することができます。

関係ドキュメントをクリックして作成中の内容と関係するドキュメントを見つけて添付します。

[保存] ボタンをクリックして保存します。

一般内訳の照会

すべての一般ドキュメントの内訳が照会できる画面です。

一般内訳の照会に移動します。

② 検索:照会する情報を入力すると必要な情報を速やかに見つけることができます。

③ 社員たちが登録した一般内訳が照会できます。

④ タイトルをクリックするとドキュメントの詳細が照会できます。

関係情報へのショートカット

下記のガイドで関係情報が確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...