紹介

レポートメニューは費用精算の申込後にワークフローの処理が完了したとしても不適切な使用と疑われる費用精算 の内訳をモニタリングして費用精算の申込者に釈明を要請し、釈明された内容を管理することで会社経費の透明性を高め不正な費用執行を予防します。

釈明は費用精算の申込が完了してから完了件のうち管理者が判断して不正使用や追加コメントを受ける必要がある場合にマニュアルで釈明を要請することができます。

同一使用先の重複使用

費用精算が完了した件のうち同一使用先で同一法人カードを重複使用した件を確認することができ、費用精算の申込者に釈明を要請します。

Self Check照会 > 同一使用先の重複使用を選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日/使用先/重複回数を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者の費用帰属部署が明確である場合は(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日 : 費用精算の申込を登録した日付です。当月の1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月の1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用先:連動されたカードがある場合、法人カードの使用内訳に表示された加盟店を意味します。カード会社と連動せずに直接入力した場合は使用先を意味します。
  • 重複回数:同一 使用先で法人カードを2回以上使用した回数です。

③ 照会された内訳をクリックすると同一使用先での重複使用内訳が確認できます。

釈明要請ボタンを押して費用精算の申込者に釈明要請メールを送信します。

  • 釈明要請メールを受信した社員はメール本文の釈明しに行くボタンを押してWORKPLACEにログインしてから釈明内容を入力します。
  • 釈明の入力が完了すると同一使用先での重複使用現状のリストにある釈明可否に「Y」と表示されます。

メールの内容:

  • 釈明結果はSelf Check管理 > 違反および釈明の管理で釈明日と釈明内容が確認できます。

⑤ 精算ドキュメントの番号を押して精算申込ドキュメントの内容が確認できます。

休日使用

費用精算完了の件から休日に使用された件が確認でき、費用精算の申込者に釈明を要請します。休日は会社が管理 > 会社の休日管理で設定した休日以外に費用精算の申込者が不在日程を登録した場合、年次から差引かれる不在日も含まれます。

Self Check照会 > 休日使用を選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日/使用先/証明種類を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日:費用精算の申込を登録した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用先:連動されたカードがある場合、法人カードの使用内訳に表示された加盟店を意味します。カード会社と連動せずに直接入力した場合は使用先を意味します。
  • 証明種類:法人(共用)/法人(個人)/法人(デビット)/個人カード/現金のうち決済で使用した方式です。

釈明可否Nの内訳を選択してから釈明要請ボタンを押して費用精算の申込者に釈明要請メールを送信します。

  • 釈明要請のメールを受信した社員はメール本文の釈明しに行くボタンを押してWORKPLACEにログインしてから釈明内容を入力します。
  • 釈明の入力が完了すると休日使用現状のリストにある釈明可否に「Y」と表示されます。

メールの内容:

  • 釈明の結果はSelf Check管理 > 違反および釈明の管理で釈明日と釈明内容が確認できます。

④ 精算ドキュメントの番号を押して精算申込ドキュメントの内容が確認できます。

深夜時間の使用

費用精算完了の件から会社が設定した深夜時間に使用された件に対して費用精算の申込者に釈明を要請します。深夜時間は設定 > 環境設定の管理で設定します。深夜時間の使用現状は連動された法人カードの承認時間が表示された精算件に対して確認できます。

Self Check照会 > 深夜時間の使用を選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日/使用先/証明種類を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日:費用精算の申込を登録した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用先:法人カードを使用した加盟店です。
  • 証明種類:法人(共用)/法人(個人)/法人(デビット)/個人カード/現金のうち決済で使用した方式です。

釈明可否Nの内訳を選択してから釈明要請ボタンを押して費用精算申込者に釈明要請のメールを送信します。

  • 釈明要請メールを受信した社員はメール本文の釈明しに行くボタンを押してWORKPLACEにログインしてから釈明内容を入力します。
  • 釈明の入力が完了すると深夜時間の使用現状のリストにある釈明可否に「Y」と表示されます。

メールの内容:

  • 釈明の結果はSelf Check管理 > 違反および釈明の管理で釈明日と釈明内容が確認できます。

④ 精算ドキュメントの番号を押して精算申込ドキュメントの内容が確認できます。

勤務外地域の使用

会社の住所に基づいて使用先の住所が離れている距離を測定することにより使用現状を提供します。担当者は費用精算完了の件から会社の位置から使用先までの距離に基づいて検索したkm以上を離れて使用された件が確認でき、費用精算の申込者に釈明を要請します。勤務外地域での使用現状は本社からの距離を測定するために管理 > 基本環境 > 会社情報の管理に本社の住所が正しく登録される必要があり、法人カードと連動して使用先の住所が含まれた場合にのみ照会できます。

Self Check照会 > 勤務外地域の使用を選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日/使用先/証明種類を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日:費用精算の申込を登録した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 証明種類:法人(共用)/法人(個人)/法人(デビット)/個人カード/現金のうち決済で使用した方式です。
  • 使用先の距離:会社から費用使用先までの距離を意味し、「勤務地域」と認められる距離を検索することで該当距離以上離れた場所で使用された件を照会します。

釈明可否Nの内訳を選択してから釈明要請ボタンを押して費用精算の申込者に釈明要請のメールを送信します。

  • 釈明要請のメールを受信した社員はメール本文の釈明しに行くボタンを押してWORKPLACEにログインしてから釈明内容を入力します。
  • 釈明の入力が完了すると勤務外地域での使用現状のリストにある釈明可否に「Y」と表示されます。

メールの内容:

  • 釈明の結果はSelf Check管理 > 違反および釈明の管理で釈明日と釈明内容が確認できます。

④ 精算ドキュメントの番号を押して精算申込ドキュメントの内容が確認できます。

個人別使用

個人別の費用精算現状を照会します。

Self Check照会 > 個人別使用を選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日/使用先/証明種類を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日:費用精算の申込を登録した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用先:連動されたカードがある場合、法人カードの使用内訳に表示された加盟店を意味します。カード会社と連動せずに直接入力した場合は使用先を意味します。
  • 証明種類:法人(共用)/法人(個人)/法人(デビット)/個人カード/現金のうち決済で使用した方式です。

③ 個人別の使用件数と合計金額が照会され、クリックすると件別の詳細内訳が確認できます。

④ 精算ドキュメントの番号を押して精算申込ドキュメントの内容を確認することができます。

同一時間の重複使用

費用精算が完了した件のうち一定期間内に同一法人カードで使用された件が照会でき、費用精算の申込者に釈明を要請します。同一時間における重複使用の現状は連動された法人カードで精算されたもののみ確認できます。

Self Check照会 > 同一時間の重複使用を選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日/使用先/証明種類を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。.

  • 帰属部署:
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日 : 費用精算を申込んだ日付です。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用時間:法人カードを使用した時間です。当月の1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 重複回数:同一法人カードで一定時間内に使用された回数を照会条件に選択して検索します。

③ 照会された内訳をクリックすると該当時間内に使用された詳細内訳が確認できます。

釈明の要請ボタンを押して費用精算の申込者に釈明要請のメールを送信します。

  • 釈明要請のメールを受信した社員はメール本文の釈明しに行くボタンを押してWORKPLACEにログインしてから釈明内容を入力します。
  • 釈明の入力が完了すると同一時間における重複使用の使用現状のリストにある釈明可否に「Y」と表示されます。

メールの内容:

  • 釈明の結果はSelf Check管理 > 違反および釈の明管理で釈明日と釈明内容が確認できます。

不適切な費用計画

費用計画の申込時に監査の違反内容について使用者だけでなく費用管理者も確認できるように現状を表示します。

Self Check照会 > 不適切な費用計画を選択します。

検索エリアから帰属部署/予想日程/費用項目を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 費用計画の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用計画の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 予想日程:費用計画の申込時に入力した精算予想日程です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 費用項目:費用計画申込時に選択した費用項目です。費用項目別に照会できます。

③ 照会された内訳をクリックすると費用計画別の違反メッセージが確認できます。

不適切な費用執行

費用精算の申込が完了したとしても精算時に監査の違反内容について作成者は把握できますが、該当内容を費用管理者も確認できるように現状を提供します。費用精算が完了した件のうち会社が設定した監査基準に違反して違反メッセージが立ち上がった件に対して費用精算の申込者に釈明を要請することができます。

Self Check照会 > 不適切な費用執行を選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日/証明種類を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日:費用精算の申込を登録した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 証明種類:法人(共用)/法人(個人)/法人(デビット)/個人カード/現金のうち決済で使用した方式です。

釈明要請ボタンを押して費用精算の申込者に釈明要請のメールを送信します。

  • 釈明要請のメールを受信した社員はメール本文の釈明しに行くボタンを押してWORKPLACEにログインしてから釈明内容を入力します。
  • 釈明の入力が完了すると不適切な費用の執行現状のリストにある釈明可否に「Y」と表示されます。

メールの内容:

  • 釈明の結果はSelf Check管理 > 違反および釈明の管理で釈明日と釈明内容が確認できます。

④ 照会された内訳をクリックすると費用執行についての違反メッセージが確認できます。

二重費用精算の申込疑い

費用精算が完了した件のうち使用日、使用金額が同じであるがドキュメントのタイトルや証明種類、使用先名などを変えて二重費用精算と疑われる件を現状として表示します。担当者は内容を確認し必要に応じて費用精算の申込者に釈明を要請することができます。

Self Check照会 > 二重費用精算の申込疑いを選択します。

検索エリアから帰属部署/精算の申込日/使用日を選択して検索すると希望する結果を速やかに確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 費用の申込者が2つ以上の部署に所属しているか個人に付与した予算がある場合、照会する内容に合わせて費用の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 費用の申込者における費用の帰属部署が明確である場合(所属部署が1つ)、該当部署を入力して照会してください。
  • 精算の申込日:費用精算の申込を登録した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。
  • 使用日:会社の経費を使用した日付です。当月1日から本日までが基本設定となり、検索区間を変更して照会することができます。

釈明要請ボタンを押して費用精算の申込者に釈明要請のメールを送信します。

  • 釈明要請のメールを受信した社員はメール本文の釈明しに行くボタンを押してWORKPLACEにログインしてから釈明内容を入力します。
  • 釈明の入力が完了すると不適切な費用執行の現状のリストにある釈明可否に「Y」と表示されます。

メールの内容:

  • 釈明の結果はSelf Check管理 > 違反および釈明の管理で釈明日と釈明内容が確認できます。

④ 精算ドキュメントの番号を押して精算申込ドキュメントの内容が確認できます。

関係情報へのショートカット

下記のガイドで関係情報が確認できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...