SSO 連携

SSO(Single Sign On)連携とは、WORKPLACEと顧客社間の一つのIDでアクセスできる統合ログイン連携を意味します。 WORKPLACEはSP(Service Provider)方式のSSOをサポートします。

WORKPLACE DevelopersはSP(Service Provider)方式のSSOに対応しており、SAML(Security Assertion Markup Language) 2.0やOAuth 2.0でSSO連携が可能です。

LINE WORKSを利用中の顧客の場合、LINE WORKSとWORKPLACEを一つのIDでログインできるように連携機能を提供しています。LINE WORKSの利用ユーザーならより簡単に連携をサポートするLINE WORKSログイン連携をご利用ください。

LINE WORKSログイン連携

LINE WORKSログイン連携は、SAML 2.0方式のSSO連携です。

Step 1: LINE WORKS Developers Console及びNAVER CLOUD FLATFORM Consoleにそれぞれログインします。

Step 2: LINE WORKS Developers ConsoleにSAMLアプリを登録します。

① LINE WORKS Developers Consoleの左のメニューからApps > SMAL Appsをクリックします。

② [追加]をクリックします。

③ 連携情報を入力します。

  • LINE WORKS Identity Provider 情報:
    • SSO URL: URLをコピーしておきます。WORKPLACE Developers > SSO設定 > LINE WORKSログイン連携画面の「SSO URL」に入力する情報です。
    • 인증서: [ダウンロード]をクリックしてダウンロードします。WORKPLACE Developers > SSO > LINE WORKSログイン連携画面の「証明書」にアップロードするファイルです。
  • Application 情報:
    • Application Name: アプリ名を入力します。(例:WORKPLACE)
    • Logo: 「WORKPLACE Developers > SSO > LINE WORKSログイン連携」画面からロゴをダウンロードし、ここにアップロードします。
  • Service provider 情報:
    • ACL URL: WORKPLACE Developers > SSO設定 > LINE WORKSログイン連携画面のACL URLをコピーしてここに入力します。
    • Entity ID: WORKPLACE Developers > SSO設定 > LINE WORKSログイン連携画面のEntity IDをコピーしてここに入力します。
  • [次へ]をクリックします。

⑤ SAML Appリストにアプリが登録されます。[調整する]をクリックして登録したアプリをアクティブ化します。

Step 3: WORKPLACE Developers > SSO設定 > LINE WORKSログイン連携を設定します。

① 「WORKPLACE Developers > SSO 設定」にアクセスします。

② LINE WORKS「ログイン連携」ボタンをクリックします。

③ 連携情報を入力します。

  • SSO URL: LINE WORKS Console > Apps > Saml Apps > アプリ登録1段階のSSO URLをコピーしてここに入力します。
  • 証明書: LINE WORKS Console > Apps > Saml Apps > アプリ登録1段階の証明書をダウンロードしてここにアップロードします。
  • Logout URL: ログアウトURLを入力します。

④ [適用]ボタンをクリックして連携を完了します。

SSO連携の完了後

両サービス間のSSO連携を確認します。

  • WORKPLACEにアクセスした場合、LINE WORKSアカウントでログインするとWORKPLACEをすぐに利用できます。

  • 「WORKPLACE 管理 > サービス上段メニュー管理」からLINE WORKSを登録した場合、ロゴをクリックするだけでLINE WORKSをすぐに利用できます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...