経費計画状況

ユーザーが作成したか、参加者として設定された経費計画文書を照会します。ワークフローが完了になった経費計画文書のみ確認することができます。

経費管理 > 経費計画状況を選択します。

検索領域で作成日/予想日程を入力すると、必要な情報をすばやく検索することができます。

  • 帰属部署
    • 経費計画の申込みをした社員が2つ以上の部署に属した場合、照会したい部署を入力して照会します。
    • ユーザー個人に割当予算がある場合、本人の名前でも検索できます。
  • 作成日:経費計画を作成した日付。デフォルトとして当月1日から今日までと設定され、検索区間を変更して表示することができます。

計画文書番号をクリックすると、経費計画文書の内容を確認することができます。

経費精算状況

申込みした経費精算文書の中、精算完了になった文書を照会します。

経費管理 > 経費精算状況を選択します。

検索領域で帰属部署/作成日/証憑の種類を入力すると、必要な情報をすばやく検索することができます。

  • 帰属部署
    • 経費申請者が2つ以上の部署に属した場合、照会したい経費帰属部署を入力して照会します。
    • 経費申請者の経費帰属部署が明確である場合(所属部署1つ)、その部署を入力して照会します。

精算文書番号をクリックすると、経費精算文書の内容を確認することができます。

予算状況

経費管理者が予算を'使用する'に設定した場合、このメニューは常に表示されます。

経費管理 > 予算状況を選択します。

検索領域で年度/帰属部署を入力すると、必要な情報をすばやく検索することができます。

  • 年度:予算の現況を照会する年度を選択します。デフォルトとして今年が表示されます。
  • 帰属部署
    • 2つ以上の部署に属した場合、照会したい部署を入力して照会します。
    • ユーザー個人に割当予算がある場合、本人の名前でも検索できます。

③ 私が属した部署や私の予算科目別の利用可能予算を確認します。

  • 経費管理者が予算科目コードの設定の際、予算科目の繰越可否を'Y'に設定した場合は、前月の利用可能予算が翌月に繰越されます。繰越可否が'N'である場合、繰越されません。
  • 経費管理が経費予算編成の際、予算科目の予算統制可否を'Y'に設定した場合、経費精算の申込み金額が利用可能予算よりも大きいと、精算することはできません。
  • 予算の繰越可否の設定と統制可否の設定は、企業の経費管理者にお問い合わせください。

利用可能予算の計算方法

  • 繰越可否が'Y'である場合:利用可能予算 = 前月利用可能予算 + 当月割当額 - 当月執行額
  • 繰越可否が'Y'である場合:利用可能予算 = 当月割当額 - 当月執行額

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...