サービス連携設定

サービス連携設定は、WORKPLACEの機能と外部ソリューションを連携する機能で、WORKPLACEのワークフロー通知を様々な外部メッセンジャーで通知を送信したり、他社のカレンダーに不在日程を送信するための連携設定をします。

会社の業務の目的と利用中の商品に合わせて連携するソリューションを選択します。

サービス区分 提供する連携サービス
メッセンジャーの通知サービス LINE WORKS
カレンダー登録サービス LINE WORKS

メッセンジャー通知 サービスはLINE WORKSメッセージを利用した通知トークを使用します。

カレンダー登録 サービスを使用すると、WORKPLACEで申請した「マイ不在日程」をラインワークスカレンダーを使用して簡単に確認することができます。


WORKPLACEをご利用のお客様のLINE WORKSメッセンジャーとカレンダー連携チップ

  • WORKPLACEのワークフロー通知をLINE WORKSで受信したり、不在日程をLINE WORKSカレンダーで確認したりするには、連携した二つのサービスのメンバー情報であるユーザーIDが全て同一である必要があります。


LINE WORKSトーク通知サービス

LINE WORKS Botを活用したWORKPLACEのワークフロー通知受信機能です。WORKPLACEの通知をLINE WORKSで受信するには、連携した二つのサービスのメンバー情報であるユーザーIDが同じである必要があります。

① 「Admin > 基本環境 > サービス連携設定」に移動します。

②「メッセンジャー通知」タブでLINE WORKSメッセンジャーの使用を設定します。

  • LINE WORKSメッセンジャーでWORKPLACEの通知を無料で受信できます。

  • [使用しない]状態でデフォルトで提供され、クリックしてポップアップで Bot を使用を設定します。

    • 使用の有無: 使用を選択します。

    • LINE WORKS Developer Consoleにログインし、以下の項目を入力します。

      • Domain ID:左側のドメインIDをコピーして入力します。

      • 管理者メール:LINE WORKS Developer Consoleにログインした管理者のメールを入力します。

      • API ID: LINE WORKS Developer Console上部のAPIIDエリアで発行された後、コピーして入力します。

      • Server API Consumer Key: Server API Consumer Key領域で発行してもらった後、コピーして入力する。

        • [発行] をクリックします。
        • ポップアップでメッセージボットの全体の生成、修正、削除にチェックおよびToken有効期限365日、有効期限自動延長 'はい' チェック後に保存します。

      • Server List ID:[追加]をクリックしてServer List IDを生成する。 生成されたIDをコピーして入力します。

      • Server List秘密キー:[ダウンロード]をクリックして秘密キーをダウンロードします。 内容をコピーして入力します。

      • Console > Botに同数登録される Bot が確認できます。

    • Bot使用設定ポップアップで[保存]をクリックします。 ポップアップの下段で LINE WORKS メッセージ Bot IDを確認することができます。

  • 使用しない場合は、[使用] ボタンを押して、使用の有無を [使用しない] を選択し、[保存] をクリックします。

③「WORKPLACEワークフロー > 通知管理」で通知項目を設定します。

  • 追加で受信する項目の「LINE WORKS」にチェックします。

  • WORKPLACEの通知をLINE WORKSで受信するには、連動した二つのサービスのユーザーログインIDが同じである必要があります。

カレンダー登録サービス

カレンダー登録を使用すると、WORKPLACEの「マイ不在日程」をラインワークスカレンダーで簡単に確認することができます。

LINE WORKSカレンダー登録

WORKPLACEの不在日程をLINE WORKSカレンダーで確認するには、メンバー情報であるユーザIDが同じでなければなりません。

① 「Admin>基本環境>サービス連携設定」に移動します。

② 「カレンダー登録」タブでLINE WORKSカレンダーサービスの使用を設定します。

  • [使用しない]の状態で基本提供されており、クリックしてポップアップからカレンダーの使用を設定します

  • 使用要否:使用するを選択します。

  • LINE WORKS Developer Consoleにログインした後、項目を入力します。

    • API ID: LINE WORKS Developer Console上段のAPI ID領域で発行された後、コピーして入力します。

    • Server API Consumer Key: LINE WORKS Developer Console上段のAPI ID領域でコピーして入力します。Server API Consumer Key領域で発行された後、コピーして入力します。

      • [発行]をクリックします。

      • ポップアップでカレンダー全体にチェック及びToken有効期間365日、有効期間の自動延長「はい」 をチェックした後、保存するKeyが発行されます。

    • Server List ID: [追加]をクリックしてServer List IDを作成します。生成されたIDをコピーして入力します。

  • Server List 秘密鍵:[ダウンロード]をクリックして、秘密鍵をダウンロードします。内容をコピーして入力します。[再発行] ボタンをクリックして再発行する場合、LINE WORKSメッセンジャーの通知サービスのServer List秘密鍵も変更しなければなりません。

  • 「保存」をクリックします。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...