使う前に

Q.会食費を部署別に月50万ウォンだけを使用したいです。 どのように設定すべきでしょうか

  • 部署別予算管理で月別使用金額を制限し、経費精算を申請する際に活用できます。 組織活性化予算科目(既定値基準であり、会社が予算項目名を変更することができます。)に配分区分を「均等金額」、配分基準を「月」に設定します。 経費予算編成および配分で部署別の予算金額である600万ウォンを登録して自動配分をすれば、毎月50万ウォンずつ予算管理が可能になります。 予算統制の選択を「Y」に設定しておけば、設定された予算の範囲内で経費を使用するようにすることができます。

Q. 経費精算をする時、予算が足りないというメッセージが出て、これ以上進行できない場合、どう処理すればいいでしょうか?

  • 該当予算科目の前月予算が残った場合、繰り越して使用することができるため、繰り越しを選択を「Y」に変更します。 または予算不足が発生した時、予算金額または月別配分金額を変更することができます。 経費予算変更で予算金額を増額するか、月別に配分された金額を変更します。 予算を統制しなければ金額制限なしに使用できるので、予算統制の選択を「N」に変更して使用する方法もあります。

紹介

会社が1年間支出する経費に対する予算を月別に計画を立てて管理します。 予算科目別に配分ルールと繰越の有無を設定し、予算を部署や個人に経費科目別に編成します。 経費精算を申請すると、予算の範囲内でコントロールでき、必要であれば予算を増額または減額することができます。 経費予算を管理して会社運営を計画的に運営してください。 予算管理メニューは、会社が環境設定管理で予算使用をYに設定した際に表示されるメニューです。

予算一括割当基準の管理

決算月を基準に1年間の予算科目別予算金額を配分するための基準を管理します。

予算管理 > 予算一括配分基準管理を選択します。

前年資料を読み込む ボタンをクリックして直前年度に設定した基準があれば、当該年度にコピーして適用することができます。 ただし、当該年度に既精算した(執行した)金額がある場合、直前年度基準を取得することはできません。 新しい決算年度になる前に予算計画をあらかじめ立てれば、便利に基準を設定することができます。

③ 予算科目について配分区分値を選択します。

  • 配分区分が均等金額の場合、予算が毎月均等に配分られます。
  • 配分区分が割合(%)の場合、月別の配分率をジクジプ入力でき、割当ての割合の合計が100%にならなければなりません。

④ 配分区分が比率(%)の予算科目の配分基準値を選択します。

  • 配分基準が「年」の場合、最初の月にすべて配分て予算を使用することができます。 設定 > 予算科目コード管理から予算科目が繰り越されるように設定された場合、最初の月に配分された予算のうち、未使用金額は次月に自動繰り越されます。 毎月の予算配分が難しい予算科目は、年を基準に配分てから繰り越して使用することができます。
  • 配分基準が「半期」の場合、一番上の月、七番目の月に予算金額の1/2ずつ配分、予算を使用することができます。
  • 配分基準が「四半期」の場合3ヵ月に一度ずつ予算金額の1/4ずつ配分、予算を使用することができます。
  • 配分基準が「月」の場合、毎月予算金額の1/12ずつ配分、予算を使用することができます。
  • 繰り越された予算は当該年度内で繰り越され、次年度には繰り越されません。

⑤ [保存] ボタンをクリックして保存します。

経費予算の編成及び配分

部署別、個人別の経費予算を編成して、配分された予算を管理できるようにします。WORK PLACEは小規模会社でも予算の活用を便利にするように、配分された部署と配分された社員に対してのみ予算管理を行っています。予算を配分られていない場合、予算統制なしで精算できます。 統制が必要な部署や予算科目に対して必要な分だけ使用するように管理します。

予算管理 > 経費予算編成及び配分を選択します。

② 照会しようとする年度/部署を選択して照会します。

  • 部署は社員または部署を自動完成機能を使用して入力します。

前年資料を読み込むボタンをクリックして直前年度に設定した基準があれば、当該年度にそのままコピーして利用できます。 ただし、当該年度に既精算した(執行した)金額がある場合、直前年度基準を取得することはできません。 新しい決算年度になる前に予算計画をあらかじめ立てれば、便利に基準を設定することができます。

追加ボタンをクリックすると、新しい予算を編成できます。

  • 予算を付与される部署または個人を選択します。 通常、部署単位で予算を配分ますが、営業社員や組織長など特定の社員に追加予算を付与することもできます。
  • 予算科目を選択します。
  • 予算の金額を入力します。
  • 予算統制の可否を選択します。
    • 予算統制可否をYに選択した場合、経費精算を申請する過程で予算不足の有無を確認します。 予算増額が必要な場合、経費管理者が予算管理 > 経費予算変更で予算を増額してこそ精算申請が可能となります。
    • 予算統制可否をNに選択した場合、経費精算申請金額が残りの予算金額より多くても統制なしに精算できます。 計画に対する実行金額は予算管理>経費予算変更で月ごとに確認できます。
  • 保存ボタンを押して保存します。

[削除]ボタンをクリックすると、選択した予算を削除できます。 ただし、当該予算に対して執行金額がある場合は削除できません。

⑥経費予算を編成した後、"自動配分"ボタンをクリックして選択された経費予算金額を予算一括配分基準管理で設定された基準によって月単位で自動配分します。

⑦保存ボタンをクリックして保存します。

小規模の会社ですべての部署や経費項目に対する予算を細かく管理するのが難しいかもしれません。 >WORKPLACEは、特定部署、特定の経費項目(例:営業チームの対外業務月1,000,000日本円)だけを管理できるように構成しました。 この場合、予算を付与されていない部署や社員は、予算制限なく経費精算の申請が可能です。

経費予算変更

部署間の予算転用が必要であったり、予算の過不足が発生した場合、予算金額もしくは月別の配分金額を変更することができ、変更履歴について管理します。 その他にも、月別配分金額に対する執行金額を確認することができるため、計画的な経費支出に役立ちます。

予算管理 > 経費予算変更を選択します

② 照会したい年度/部署を選択して検索します

  • 部署は社員もしくは部署を自動完成機能を使用して入力します。

執行金額、経費計画金額、可用予算にチェックされている場合のみ、リストに当該項目が表示されます。

④ 部署または個人に配分された予算金額もしくは月別配分金額**を修正します。

⑤変更の事由を入力します。

⑥ 変更前の予算金額と変更後の予算金額を確認後、保存ボタンを押して保存します。

変更履歴タブをクリックし、経費予算変更履歴を確認することができます。

  • 件別変更日および変更された金額、変更理由を確認します。

計算規則:

  • 配分残高 = 予算金額 - 配分金額合計
  • 配定金額合計=1月~12月の配定金額の累計金額
  • 執行金額=部署の予算科目別経費精算申請の累計金額
  • 繰越可否がYの場合、月別仮用予算 = 前月仮用予算 + 当月割当金額 – 当月執行金額
  • 繰越可否がNの場合、月別仮用予算 = 当月の配分金額 - 当月の執行金額

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...