経費現況の統合照会

経費に関する全般の内訳を照会します。

会社が「予算」を使用する時、予算科目別の経費精算金額を確認できる上、「経費計画」を使用する時、計画対比精算金額を確認できます。 精算金額の照会は証憑タイプ別に提供され、監査項目に違反した精算の件は疎明要請および疎明完了の現況がすぐに確認できます。

照会期間は、年度、半期、分岐、月単位または直接入力して照会することができます。

報告書 > 経費現況の統合照会 を選択します。

検索エリアで帰属部署/期間を選択して検索すると、希望する結果を素早く確認することができます。

  • 帰属部署:
    • 経費の申込者が2つ以上の部署に所属されたり、個人に付与した予算がある場合、照会する内容に適した経費の帰属部署や社員名を入力して照会してください。
    • 経費申込者の経費の帰属部署が明確な場合(所属部署1個)該当部署を入力して照会してください。
  • 期間:照会しようとする期間を設定します。 年度/半期/四半期/月単位、もしくは直接入力して照会します。

③ 照会結果を確認します

  • 帰属:経費の帰属部署です。

  • 予算科目:経費精算に該当する予算科目を表示します。

  • 予算:当該期間の予算配分の金額及び前期間との対比値を表示します。(例:月単位照会の場合、前月比の増減額を表示)

    • [経費]>[設定]>[環境の設定管理]で予算を「使用しない」に設定すると、その列は表示されません。
    • 期間照会を直接入力した時、過去の期間の比較が困難なので、対比値(量/音数で表示)は提供しません。
    • 予算の金額が空いている場合は、割り当てられた予算がないことを意味します。
  • 計画:経費計画の申込金額及び当該期間に対する対比値を表示します。(例:月単位照会の場合、前月比増減額を表示)

    • [経費]>[設定]>[環境の設定・管理]で経費計画を「使用しない」に設定すると、その列は表示されません。
    • 金額をクリックすると、経費計画申込の文書リストがポップアップで表示されます。

  • 経費項目: 精算時に選択した経費項目です。

  • 精算:証憑タイプ別の精算金額を表示します。 合計金額をクリックすると、経費精算申込の文書リストがポップアップで表示されます。

  • 不正利用違反:違反事項の疎明要請及び疎明完了件数を表示します。 クリックすると、[Self Check 管理] > [違反と疎明管理] の該当照会画面に移動されます。

④ 照会された履歴をExcel ファイルでダウンロードします。

期間別の経費推移

帰属部署別の年間経費精算金額および経費項目別の精算金額をグラフで表示します。

報告書 > 期間別経費推移を選択します。

② 照会する帰属部署と年を選択して照会します。 表示方法は月別表示及び四半期別表示があります。

③ 年間の月別または四半期別予算/経費計画/経費精算の相関関係および現況を示すグラフです。

  • 月表示は会計の決算区分値によります。 12月決算の場合、1月~12月まで表示されます。
  • 予算を使用しない場合、予算グラフは表示されません。
  • 経費計画を使用しない場合、計画グラフは表示されません。

④ 経費項目別精算金額を示すグラフです。 経費項目ごとに異なる色で区分されて表示されます。

経費項目別の精算現況

経費項目別精算現況を照会します。

報告書>経費項目別の精算現況を選択します。

② 照会しようとする経費項目と期間を選択して検索することができます。

③ グラフエリア:照会期間を年度で検索すると、経費項目別の月額精算現況をグラフの形で示します。

  • グラフの下段の経費項目をクリックすると、有効化または無効化され、選択的にグラフを見ることや見ないことができます。

④ 表エリア:照会期間を年度で検索すると、経費項目別の月額精算現況をの形で示します。

  • 各経費項目について精算内訳を証憑タイプ別に表示します。
  • 前年度の当該月との対比値を表示します。

⑤ 照会期間を直接入力して検索すると、経費項目別の精算現況を表の形で表示されます。

  • 各経費項目について精算内訳を証憑タイプ別に表示します。
  • 月ごとに区分され表示されません。

⑥ 照会された履歴をExcel ファイルでダウンロードします。

帰属部署別の精算現況

帰属部署別の精算現況を照会します。

報告書>帰属部署別の精算現況を選択します。

② 照会したい帰属部署と期間を選択して検索することができます。

③ グラフエリア:照会期間を年度で検索すると、帰属部署別の月額精算現況をグラフの形で示します。

  • グラフの下段の帰属部署をクリックすると、有効化または無効化され、選択的にグラフを見ることや見ないことができます。

④ 表エリア:照会期間を年度で検索すると、帰属部署別の月額精算現況をの形で示します。

⑤ 月ごとの精算金額が最も多い部署に表示されます。

⑥ 照会期間を直接入力で検索すると、帰属部署別の精算状況を表の形で表示されます。

  • 月ごとに区分され表示されません。
  • 合計金額をクリックすると、経費精算申込文書リストがポップアップで表示されます。

⑦ 照会された履歴をExcelファイルでダウンロードします。

個人別の精算現況

個人別経費精算申込状況および参加者として含まれている現況を照会します。

報告書 > 個人別の精算現況を選択します。

申込者タブをクリックし、個人別の精算申込状況を照会することができます。

③ 照会期間を年度に検索すると、個人別精算金額および年間の合計金額が照会されます。

④ 月ごとの精算金額が最も多い社員に表示されます。

⑤ 監査違反のある月に表示されます。

⑥ 照会期間を直接入力で検索時、個人別精算申込件数、Self Check(疎明要請、疎明完了)件数が照会され、クリックするとポップアップで件別の詳細内容が確認できます。

⑦ 照会された履歴をExcelファイルでダウンロードします。

参加者タブをクリックし、経費精算の参加者として含まれている現況を照会することができます。

⑨ 照会期間を年度で検索すると、参加者の月別人当りの合計金額及び年間合計金額が照会されます。

⑩ 月ごとの1人当たり金額が最も多い社員に表示されます。

⑪ 照会期間を直接入力で検索すると、参加者に含まれた件数、支給金額が照会されます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...