WORKPLACEの管理について

画面のご紹介

メニューのご紹介

メニュー名 説明
出退勤管理 社員の日付別の出社退社時間を照会及び管理します。各社員の出社/退社時間を管理者が修正することができ、休憩時間や外回り勤務時間を追加/削除することができます。さらに見る
勤務時間管理 社員の期間別の勤務時間を照会及び管理します。勤務時間は、出社退社のチェック時間を基準に社員別勤務スタイルに応じて計算されます。さらに見る
締切管理 出社退社時間の締切内容及び勤務確定状況を管理します。さらに見る
勤務対象者設定 社員/部署単位で勤務スタイルを指定します。さらに見る
勤務形態設定 会社の勤務ルールに合った勤務スタイルを生成します。社員別の勤務パターンに応じて様々な勤務形態を生成することができます。(固定勤務制、交替勤務制、フレックスタイム制、選択的労働時間制など) さらに見る

ガイド領域

WORKPLACEの'勤務管理'の画面の右上の'?'をクリックすると、説明書の当該画面に関する説明が右領域に表示されます。勤務形態設定、勤務対象者管理、出社退社管理などの'勤務管理'の全ての機能をガイドにて確認することができます。ご質問などがあるページで'?'をクリックしてください。

Getting Started

Getting Startedは、勤務管理者に勤務サービス管理をガイドします。

  • 勤務管理者が'勤務管理'メニューに初めて接続した際、Getting Started画面に移行することになり、各設定項目が閉じられたカード形式で表示されます。
  • カードをクリックすると、基本反映事項が表示され、もう一度クリックすると、そのメニューに移動します。設定内容の要約情報は、Getting Started画面に開かれたカード形式で表示されます。
  • 全てのカードが開かれた後は、'勤務'メニューに接続すると'Dashboard'に移動します。

カード領域:

  • 勤務形態を設定してください:会社の特性に応じた様々な勤務形態を生成します。
  • 勤務対象者を追加してください:社員別の勤務パターンに合った勤務形態を指定します。

Dashboard

Dashboardは、勤務に関する要約情報を提供します。カード形式で構成されており、当該内容をクリックすると、関連するメニュー画面に移動します。

カード領域:

  • 本日の遅刻:本日遅刻した社員数です。遅刻を使わない勤務形態に属する社員は集計されません。クリックすると、出張申請の詳細メニューに移動します。'遅刻'基準は、各勤務形態の設定によって定めます。
  • 本日の早退:本日早退した社員数です。早退を使わない勤務形態に属する社員は集計されません。クリックすると、出張申請の詳細メニューに移動します。'早退'基準は、各勤務形態の設定によって定めます。
  • 本日の義務労働(コアタイム)不遵守:本日の義務労働を遵守していない社員数です。義務労働を遵守しているか否かを使う勤務形態に属する社員に対してのみ集計します。'義務労働遵守'の基準は、各勤務形態の設定によって定めます。
  • 勤務形態のない対象者:勤務形態の指定されていない社員数です。クリックすると、勤務対象者設定メニューに移動します。
  • 勤務締切詳細:直近の勤務締切詳細を表示します。クリックすると、締切管理メニューに移動します。

Timeline

勤務管理サービス内の最大1ヶ月間100件までのログが日付の新しい順で表示されます。関連するリンクを通じて関連メニューに素早く移動及び確認ができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...