外部データの取り込み

WORKPLACEの前に使っていた外部ソリューションの年次の情報を簡単にWORKPLACEにインポートすることができます。

WORKPLACE 勤怠>データImportに移動します。

今年の年次内訳を移管して使用することができます。 WORKPLACEで年中に移転する場合は、社員別に使用年次を反映して、残りの休暇日を管理することができます。

年次情報のアップロード

  • サンプルファイルのダウンロードをクリックして、サンプルファイルをダウンロードします。
  • 年次アップロード案内を参考にして、シートごとに項目を入力して、[アップロード] ボタンをクリックしてファイルをアップロードします。

登録データの確認

アップロードされた結果を確認します。

  • 入力エラーがあるセルは赤で表記され、下段にエラーメッセージとして公開されます。
  • 再アップロードを押してExcelファイルのエラーを修正した後、再アップロードします。

登録完了

登録された年次が反映された社員の残りの休暇日を確認します。

  • 登録が完了すると、WORKPLACE 勤怠サービス>年次>年次の照会・変更で、該当社員の今年の年次情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...