サービス連携設定

サービス連携設定は、WORKPLACEの機能と外部ソリューションを連携する機能で、WORKPLACEのワークフロー通知を様々な外部メッセンジャーで通知を送信したり、他社のカレンダーに不在日程を送信するための連携設定をします。

会社の業務の目的と利用中の商品に合わせて連携するソリューションを選択します。

サービス区分 提供する連携ソリューション
メッセンジャーの通知 NAVER WORKS
Kakao Talk
Slack
Google Chat
LINE
カレンダー登録 NAVER WORKS
Google Workspace

メッセンジャー通知 : 外部メッセンジャーソリューションを連動させ、WORKPLACEの通知を外部メッセンジャーに伝送するサービスです。

カレンダー登録 : 動を通じて、WORKPLACEが申請した「不在日程」を簡単に確認することができます。

WORKPLACE Collabo商品をご利用のお客様なら、別途の連動設定を行わなくても、NAVER WORKSメッセージでWORKPLACE通知を受け取ったり、NAVER WORKSカレンダー登録を便利に利用することができます。


トーク通知

WORKPLACEをご利用のお客様のNAVER WORKSメッセンジャーとカレンダー連携チップ

  • WORKPLACEのワークフロー通知をNAVER WORKSで受信したり、不在日程をNAVER WORKSカレンダーで確認したりするには、連携した二つのサービスのメンバー情報であるユーザーIDが全て同一である必要があります。

KAKAOTALKメッセンジャーの通知サービス

カカオトークの通知トークは、WORKPLACEのすべての顧客が連携して利用できます。

カカオトークの通知トークは、事業主顧客に提供されるカカオトークBizメッセージの一つで、カカオトークの通知トークを連携すると、別のメッセージサーバを構築せずにカカオトークのアプリで手軽にWORKPLACEの通知を受け取ることができます。

通知トークの連携は、NAVERクラウドプラットフォームのSimple & Easy Notification Serviceを通じて簡単に実装できます。 Simple & Easy Notification Serviceに関する紹介はNAVERクラウドプラットフォームホームページを参照してください。

連携の手順

KAKAOTALKの通知トークを連携する

ステップ1:カカオトークのビジネスアカウント申請とチャンネル開設

  • カカオトークのビジネスアカウントを準備します。 アカウントの申請

  • カカオトークチャンネルを作成します。

    • カカオトークのビジネスアカウントにログインした後、カカオトークチャンネルセンターに移動します。
    • [新しいカカオトークチャンネル作成] をクリックして、WORKPLACEのカカオトークチャンネルを開設します。
    • 検索用ID:カカオトーク内でチャンネルを明確に検索するための検索キーワードとして使用されるIDです。 「WORKPLACE」で入力します。 (推奨)
    • 入力方法の詳細は、カカオトークチャンネル情報入力ガイドを参照してください。
  • 作成したチャンネルを確認します。

    • カカオトークチャンネル管理者センター > 管理 > 詳細設定画面で、開設したチャンネル情報を確認できます。
    • 「検索用ID」は暗号化したコード形式で照会され、Simple & Easy Notification Serviceにカカオトークチャンネルを登録する際に使用されます。

ステップ2:Simple & Easy Notification Serviceにカカオトークを登録

登録手続きは、以下の3段階で行われます。

カカオトークチャンネルの登録

  • 「コンソール > Simple & Easy Notification Service > Biz Message > KakaoTalk Channel」にアクセスします。
  • [チャンネル登録] ボタンをクリックして情報を入力します。

    • カカオトークチャンネル:@ で始まる暗号化したカカオトークチャンネルの検索用IDを入力します。 カカオトークチャンネル管理者センター > 管理 > 詳細設定画面で確認できます。
    • 管理者の連絡先:管理者の携帯電話番号を入力します。
    • 事業主カテゴリ:会社の事業主登録情報に応じたカテゴリを選択します。
    • 認証番号:管理者の携帯電話番号に伝送された認証番号を入力して認証します。
    • 情報入力方法の詳細は、カカオトークチャンネルの登録ガイドを参照してください。
  • 登録が完了すると、画面下で登録したカカオトークチャンネルを確認できます。

プロジェクト作成

  • 「コンソール > Simple & Easy Notification Service > Project」にアクセスします。
  • [プロジェクトを作成する]ボタンをクリックします。
  • プロジェクト作成ガイドを参照して、プロジェクトを作成します。

  • 登録が完了すると、右下のキーアイコンをクリックしてサービスIDを確認できます。 この情報は、WORKPLACE Admin > [サービス連携設定]メニューでカカオトークの通知トークを連携する際に使用されます。

テンプレート登録

  • 「コンソール > Simple & Easy Notification Service > Biz Message > Alim Talk Templet」にアクセスします。

  • [テンプレート登録] ボタンをクリックして情報を入力します。

    • カカオトークチャンネル:登録したカカオトークチャンネル情報が照会されます。 テンプレートを登録するカカオトークチャンネルを選択します。

    • テンプレートコード:識別子として使用され、同じカカオトークチャンネル内で重複はできません。 この情報は、WORKPLACE Admin > [サービス連携設定]メニューでカカオトークの通知トークを連携する際に使用されます。

    • テンプレート名:カカオトークチャンネル内で重複はできません。

    • テンプレートの内容:通知トークで受信されるメッセージの内容です。 変数として使用する文言は#{置換子}で入力します。

      WORKPLACEの決済通知、#{name}様#{content}

    • ボタン:テンプレートで使用するボタンを追加します。

      • ボタンのタイプ:「Webリンク」を選択します。
      • ボタンのリンク:http://またはhttps://で始まるURLを入力する必要があります。 ボタンのリンクに置換子を使用する際、http://またはhttps://のプロトコルを明示すると登録できます。 入力方法の詳細は、通知トークテンプレート登録ガイドを参照してください。

        PC: https://#{url}
        Mobile: https://#{url}

ステップ3:「WORKPLACE Adminのサービス連携設定」でカカオトークの通知トークを連携

WORKPLACE Admin > [サービス連携設定]画面に移動します。

  • 「メッセンジャー通知」タブで、会社の利用商品に応じて連携できる外部メッセンジャーソリューションを確認できます。

    • カカオトークの通知トークサービスは、「使用しない」の状態で提供されます。連携する際ば「使用する」に設定します。

    • 連携設定のポップアップが開きます。

      • 使用有無:「使用する」に設定します。

      • Access Key ID、Secret Key:コンソール > マイページ > 認証キー管理で確認して入力します。

  • カカオトークチャンネルID:@ で始まる暗号化したカカオトークチャンネルの検索用IDを入力します。 コンソール > Biz Message > KakaoTalk Channelの画面下で確認できます。

  • 登録したサービスID:コンソール > Biz Message > KakaoTalk Channel > Project画面のキーアイコンをクリックし、確認して入力します。

  • テンプレートコード:ステップ2でテンプレート登録時に入力したテンプレートコードを入力します。

  • 必須項目のうち情報が誤って入力された場合、通知設定で「KAKAO」が表示されますが、通常の通知は送信されません。

ステップ4:「WORKPLACEのワークフロー > 通知管理」で通知項目設定

カカオトークの通知トークで通知される項目を設定します。

  • 追加で受信する項目の「KAKAO」にチェックします。
  • カカオトークアプリで通知トークを受信する際、Webリンク形式で受信されます。

利用料金情報

カカオトークの通知トーク利用料金は、以下のリンクを参照してください。

https://www.ncloud.com/product/applicationService/sens



NAVER WORKS Botを活用したWORKPLACEのワークフロー通知受信機能です。

WORKPLACE Collabo商品ユーザー

WORKPLACE Collabo商品のお客様にはNAVERワークスメッセンジャー通知サービスを無料で基本提供しています。

① 「Admin > 基本環境 > サービス連携設定」に移動します。

②「メッセンジャー通知」タブでNAVER WORKSメッセンジャーの使用を設定します。

  • WORKPLACE Collabo商品のお客様は、基本的に「使用する」に設定されて提供されます。 NAVER WORKSメッセンジャーでWORKPLACEの通知を無料で受信できます。
  • 使用しない場合は、 '使用しない' を選択し、[保存] をクリックします。
    • Bot 使用設定ポップアップが開きます。現在の使用状態および自動的に提供されるNAVER WORKS メッセージ Bot IDを確認することができます。 管理者がNAVER WORKS AdminのBot IDを削除または新しく作成する場合は、既存のBot IDを修正する必要があります。

③ 「WORKPLACEワークフロー > 通知管理」で通知項目を設定します。

  • 追加で受信する項目の「NAVER WORKS」にチェックします。

WORKPLACE商品ユーザー

WORKPLACE Collabo商品ではない一般のWORKPLACEのユーザーもNAVER WORKS Botと連動してNAVERワークスメッセンジャー通知サービスを使用できます。WORKPLACEの通知をNAVER WORKSから受信するには、連動した2つのサービスのメンバ情報であるユーザーIDが同じである必要があります。

①「Admin > 基本環境 > サービス連携設定」に移動します。

②「メッセンジャー通知」タブでNAVER WORKSメッセンジャーの使用を設定します。

  • NAVER WORKSメッセンジャーでWORKPLACEの通知を無料で受信できます。

  • [使用しない]状態でデフォルトで提供され、クリックしてポップアップで Bot を使用を設定します。

    • 使用の有無: 使用を選択します。

    • NAVER WORKS Developer Consoleにログインし、以下の項目を入力します。

      • Domain ID:左側のドメインIDをコピーして入力します。

      • 管理者メール:NAVER WORKS Developer Consoleにログインした管理者のメールを入力します。

      • API ID: NAVER WORKS Developer Console上部のAPIIDエリアで発行された後、コピーして入力します。

      • Server API Consumer Key: Server API Consumer Key領域で発行してもらった後、コピーして入力する。

        • [発行] をクリックします。
        • ポップアップでメッセージボットの全体の生成、修正、削除にチェックおよびToken有効期限365日、有効期限自動延長 'はい' チェック後に保存します。

      • Server List ID: [追加]をクリックしてServer List IDを生成する。 生成されたIDをコピーして入力します。

      • Server List秘密キー: [ダウンロード]をクリックして秘密キーをダウンロードします。 内容をコピーして入力します。

      • Console > Botに同数登録される Bot が確認できます。

    • Bot使用設定ポップアップで[保存]をクリックします。 ポップアップの下段で NAVER WORKS メッセージ Bot IDを確認することができます。

  • 使用しない場合は、[使用] ボタンを押して、使用の有無を [使用しない] を選択し、[保存] をクリックします。

③「WORKPLACEワークフロー > 通知管理」で通知項目を設定します。

  • 追加で受信する項目の「NAVER WORKS」にチェックします。

Slackメッセンジャーの通知サービス

Slackを連携して、WORKPALCEの通知を受信できます。

Step 1: Slackのホームページにアクセス、またはアプリでログインします。 右上のSlack実行をクリックして使用する新しいワークスペースを作成したり、既に会社で使用中のワークスペースを選択します。

Step 2: ワークスペースに入ります。 左上のSlackブラウズをクリックして、アプリをクリックします。 アプリ検索でBotを検索して追加をクリックします。

Step 3: [Slackに追加]をクリックして、bot名を入力します。 APIトークンが作成されます。

Step 4: WORKPLACE Admin > サービス連携設定に移動します。

  • Slack連携を「使用する」に設定して、Step3でコピーしたトークンを入力して保存します。

Step 5: WORKPLACEのワークフロー > [通知管理]で通知項目を設定します。

  • Slackチャンネルを選択して、受信する項目をONに設定します。

ユーザー設定

メンバーのMember ID入力

Slackでメンバーのプロフィールをクリックして、「プロフィール表示 > もっと見る > メンバーID」をコピーします。 WORKPLACEのユーザー > マイ情報修正と環境設定 > マイ情報に入力します。

Google Chatメッセンジャーの通知サービス

Google Chatを連携して、WORKPALCEの通知を受信できます。

ユーザー設定

WORKPALCEの通知をGoogle Chatで確認するには、それぞれのメンバーがGoogle Workspaceのアカウントを使ってChatでチャットルームを開設し、作成した情報をWORKPLACEのユーザー > マイ情報に入力する必要があります。

Step 1: Google Chatにアクセス、またはアプリをダウンロードします。 個人のGoogleアカウント(~@gmail.comで終わるアカウント)ではない、会社や組織で使用するGoogle Workspaceアカウントでログインします。

Step 2: チャットルームを作成します。

  • 左の検索画面をクリックすると、「チャットルーム作成」が表示されます。
  • チャットルーム作成ポップアップにチャットルーム名を入力すると、新しいチャットルームが作成されます。

Step 3:メッセージを受信するWebフックを作成します。

  • 作成したチャットルームをクリックすると上段にチャットルームが表示され、ドロップダウンアイコンをクリックしてWebフック管理をクリックします。
  • Webフック名を入力すると、URLが作成されます。 コピーするボタンをクリックしてコピーします。

Step 4: コピーしたWebフックをユーザー > マイ情報修正と環境設定 > マイ情報に入力します。

管理者設定

① WORKPLACE Admin > [サービス連携設定]でGoogle Chatの連携使用の有無を「使用する」に設定します。

② WORKPLACEのワークフロー > [通知管理]で通知項目を設定します。

  • Google Chatチャンネルを選択して、受信する項目をONに設定します。

LINEメッセンジャーの通知サービス

LINEメッセンジャーを連携して、WORKPLACEのワークフロー通知を受信できます。

連携の手順

LINEメッセンジャーを連携する

Step 1: LINE ConsoleにLINEアカウントでログインします。

Step 2: LINE Loginチャンネルを作成して情報を入力します。

  • LINE Developersで[新しいプロバイダ作成]ボタンをクリックして、プロバイダを作成します。プロバイダ名を入力して作成ボタンをクリックします。

  • LINE Loginチャンネルを作成します。 [LINEチャンネル作成]アイコンをクリックします。

    • チャンネルの基本情報を設定します。

      • チャンネル名:作成するLINE Loginチャンネル名です。

      • チャンネル説明:チャンネルの詳細説明を入力します。

      • アプリタイプ:LINEと連携するアプリタイプ(Web app)にチェックします。

      • メールアドレス:管理者のメールアドレスを確認します。 アップデート情報がある場合、メールが伝送されます。

      • 規約に同意した後、[作成]ボタンをクリックするとチャンネルが作成されます。

    • 作成したLoginチャンネルのBasic Settingsタブに移動します。

      • 一番上のDevelopersボタンをクリックして、状態を 「Published」 に変更します。 管理者以外の会社メンバーがこのチャンネルを通じてメッセージを受信する設定です。
      • 作成したLoginチャンネルのChannel IDとChannel secret情報を、WORKPLACEのワークフロー > LINEメッセンジャー連携設定ポップアップにそれぞれ入力します。
        • WORKPLACE Admin > [サービス連携設定] > [メッセンジャー通知]タブでLINEメッセンジャーを連携します。
        • 使用有無を「使用する」に選択します。
        • Login Channel IDとLogin Channel secret情報をコピーして入力します。
    • LINE Loginタブに移動します。

      • WORKPLACEのワークフロー > LINEメッセンジャー連携設定ポップアップのCallback URLをコピーしてLINE Loginタブ > Web app > Callback URLに入力します。

Step 3: Messaging APIのチャンネルを作成します。

  • TOPに移動してステップ1で作成したプロバイダをクリックします。

  • 新しいチャンネル作成をクリックし、Messaging APIをクリックしてチャンネルを作成します。

    • チャンネルタイプ:Messaging APIが選択されたことを確認します。
    • チャンネル名:作成したMessaging APIのチャンネル名を入力します。
    • チャンネル説明:APIチャンネルの詳細説明を入力します。
    • カテゴリ:会社の業務に適したカテゴリを選択します。
    • 下位カテゴリ:下位カテゴリを選択します。
    • 規約にすべて同意した後、作成ボタンをクリックするとMessaging APIのチャンネルが作成されます。
  • Basic Settingsタブで作成したMessaging APIのチャンネルの基本情報を確認できます。

  • Messaging APIのタブに移動します。

    • WORKPLACEの通知メッセージを受信するための返答モードを変更します。 Auto-Applyの編集ボタンをクリックして、返答モードをChatに設定します。
    • 下段のChannel access token [Issue]ボタンをクリックすると、Channel access tokenが作成されます。 コピーしてWORKPLACE LINEメッセンジャー連携設定ポップアップに入力します。

Step 4: 会社のチャンネルリンクを確認します。 LINEメッセンジャー連携が完了しても、メンバーがLINEメッセージを受信するためには、会社のチャンネルに友だち追加をする必要があります。 メンバーがユーザー認証を通じてチャンネルに登録する方法は、ステップ6を参照してください。

  • LINE Account Home > Gain Friendsに移動して、作成したチャンネルアカウントをクリックします。
  • 左のメニューからGain Friendsを選択します。 Direct linkをコピーしてWORKPLACE LINEメッセンジャー連携設定ポップアップに入力し、保存ボタンをクリックします。

Step 5: 「WORKPLACEのワークフロー > 通知管理」で通知項目を設定します。

LINEメッセンジャーで通知を受け取る項目を設定します。

  • LINEチャンネルを選択して、受信する項目をONに設定します。

Step 6: メンバーがユーザー > マイ情報 > LINEログイン認証後、会社のLINEチャンネルに登録します。

  • 「ユーザー > マイ情報修正と環境設定 > マイ情報」にアクセスして、LINEの[認証]ボタンをクリックしてログインします。

  • ログインに成功すると、会社のLINEチャンネルに登録するQRコードが表示されます。 LINEアプリを実行して当該QRコードをスキャンし、友だち追加を行います。

  • 正常に友だち追加を行うと、友だち追加の完了通知メッセージを受信できます。

カレンダー登録サービス

カレンダー登録を使用すると、WORKPLACEの「マイ不在日程」をラインワークスカレンダーで簡単に確認することができます。

カレンダーの登録を使用すると、WORKPLACEの'自分の不在スケジュール'をネイバーワークスカレンダーで簡単に確認することができます。WORKPLACEの不在日程をNAVER WORKSカレンダーで確認するには、メンバー情報であるユーザIDが同じでなければなりません。

① 「Admin>基本環境>サービス連携設定」に移動します。

② 「カレンダー登録」タブでNAVER WORKSカレンダーサービスの使用を設定します。

WORKPLACE Collabo商品ユーザー

  • WORKPLACE Collabo商品をご利用のお客様は、基本的に「使用する」に設定されて提供されます。

    • NAVER WORKSカレンダーにWORKPLACE不在日程申請情報を共有することができます。
  • NAVER WORKSの基本カレンダーの他、個人別に生成したカレンダーに不在情報を共有でき、Service API Consumer キーを使用設定ポップアップに入力する必要があります。入力時、ユーザーの不在状態共有ポップアップに [カレンダー追加認証] このボタンが表示され、認証が完了すると、個人別カレンダーを選択することができます。

    • Service API Consumer keyは、NAVER WORKS Developers Consoleから発行を受けて入力します。

      • WORKPLACEの上段メニュー > NAVER WORKS AdminをクリックしてNAVER WORKS Adminへ移動します。 権限のある社員にのみ表示されるメニューです。

      • 右上段ののショートカットを押してメニューからDevelopersを選択します。

      • 上段のDeveloper ConsoleをクリックしてConsoleに接続します。

      • Service API Consumer Key発行前にまずRedirect URLを使用設定ポップアップからコピーして登録します。

      • 次、サービスAPI Consumer Keyを発行してもらい、使用設定ポップアップに入力します。

    • [保存] をクリックして保存します。

  • 「使用する」に設定されている状態であっても、NAVER WORKSとの連動がない場合は、以下のガイドに従って行います。

    • NAVER WORKS Developers > API > Server API Consumer key > 詳細な照会·修正に移動します。
    • カレンダー全体をチェックするとき、生成・照会・修正・削除にチェック状態を確認してから、[次へ] をクリックします。

    • Token有効期間365日、有効期間自動延長「はい」をチェックして保存します。
    • 不在スケジュールの作成時にカレンダーの登録処理が可能です。
  • 使用しない場合は、'使用するかどうか' > '使用しない' を選択し、[保存] をクリックします。

    • カレンダー登録を '使用しない' に設定すると、[文書の作成] > [不在日程] > [不在の状態の設定のポップアップ] にカレンダーの登録領域が表示されません。
WORKPLACE商品ユーザー

① 「Admin>基本環境>サービス連携設定」に移動します。

② 「カレンダー登録」タブでNAVER WORKSカレンダーサービスの使用を設定します。

  • [使用しない]の状態で基本提供されており、クリックしてポップアップからカレンダーの使用を設定します

  • 使用要否:使用するを選択します。

  • NAVER WORKS Developer Console にログインした後、項目を入力します。

    • API ID: NAVER WORKS Developer Console上段のAPI ID領域で発行された後、コピーして入力します。

    • Server API Consumer Key: NAVER WORKS Developer Console의 Service API Consumer Key領域で発行した後にコピーして入力します。

      • まず、Redirect URLを登録します。 [Redirect URL 登録] ボタンを押して、使用設定ポップアップからコピーして入力します。

      • [発行]をクリックします。ポップアップでカレンダー全体にチェック及びToken有効期間365日、有効期間の自動延長「はい」 をチェックした後、保存するKeyが発行されます。

    • Server API Consumer Key: NAVER WORKS Developer ConsoleのServer API Consumer Key領域で発行した後にコピーして入力します。

    • Server List ID: [追加]をクリックしてServer List IDを作成します。生成されたIDをコピーして入力します。

    • Server List 秘密鍵:[ダウンロード]をクリックして、秘密鍵をダウンロードします。内容をコピーして入力します。[再発行] ボタンをクリックして再発行する場合、NAVER WORKSメッセンジャーの通知サービスのServer List秘密鍵も変更しなければなりません。

  • 「保存」をクリックします。

Google Workspaceカレンダー登録サービス

カレンダー登録を使用すると、WORKPLACEで申請した「マイ不在スケジュール」をGoogleカレンダーで簡単に確認できます。 連携後、社員のGoogle Workspace IDを登録するとGoogleカレンダー連携を使用できます。

連携の手順:

Googleカレンダーと連携する

ステップ1: 新しいプロジェクトを作成

  • Googleのdevelopers consoleにアクセスしてログインします。
  • 右上の[プロジェクト作成]をクリックし、新しいプロジェクトを作成します。

Step 2: Google Calendar APIの使用設定

  • 作成した新しいプロジェクトを選択して、APIとサービス使用設定をクリックします。

  • 検索バーでGoogle Calendar APIを入力して検索します。 [使用]をクリックします。

Step 3: ユーザー認証情報設定

  • oAuth同意画面に入り、[同意画面を構成]ボタンをクリックします。 ユーザータイプを「内部」に設定し、[作成]をクリックします。

  • ユーザー認証情報画面に入り、[同意画面を構成]をクリックします。

    • アプリケーション名を入力します。 (例:Test Calendar)
    • Google APIの範囲を設定します。 [範囲追加]をクリックしてGoogle APIを選択し、保存します。

Step 4: OAuthクライアントID作成

  • ユーザー認証情報画面に入り、上段の[+ユーザー認証情報作成]をクリックします。 OAuth Client IDを選択します。

  • アプリケーションタイプで、Webアプリケーションを選択します。
  • 名前を入力します。

  • 承認されたリダイレクトURIをコピーして入力します。 WORKPLACE Admin > [サービス連携設定] > [カレンダー登録]の使用設定ポップアップに提供されます。

  • 作成したOauth 2.0クライアントID認証情報をダウンロードします。(.jsonファイル形式)

Step 5: WORKPLACE Admin > [サービス連携設定] > カレンダー登録サービスに認証情報と会社ドメインを登録します。

  • WORKPLACE Admin>「基本環境」> 「サービス連携設定」に移動します。
  • 「使用しない」状態で基本提供されており、クリックしてポップアップからカレンダーの使用を設定します。
  • [ファイル検索]をクリックして、ポップアップにダウンロードしたOauth 2.0クライアントID認証情報をアップロードします。
  • 会社ドメイン:Google Workspace申請時の会社ドメインを入力します。
  • [保存]をクリックします。
Step 6: 社員のGoogle Workspace ID登録

管理者が登録:WORKPLACEメンバー >「社員管理」 > 「追加情報」に社員別のGoogle Workspace IDを登録します。 IDが登録されていない社員は、不在スケジュールカレンダーを共有できません。

  • メンバー > 社員管理に移動し、各社員の人事カード > 追加情報タブに移動します。
  • 「連携ID」部分にGoogle Workspace IDを登録して保存します。

社員が個別に登録:「ユーザー > マイ情報修正と環境設定 > マイ情報」にGoogle Workspace IDを入力して保存します。 「不在日程共有 > カレンダー登録」でGoogle Workspaceを選択するには、当該領域にGoogle Workspace IDが登録されている必要があります。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...