ご使用にあたって

Q. 役職・職責、休職、雇用形態別の詳細項目を変更、もしくは追加することができますか?

  • すべての人事項目は、会社の内規に応じて変更することができます。人事サービスの役職・職責管理雇用形態の管理休職区分の設定からそれぞれの項目を修正したり、追加することができます。また、社員番号の使用の有無を設定することができます。詳細については、'人事の基本設定' ガイドをご参考にしてください。

紹介

人事発令メニューから採用及び部署移動を含み、役職・職責、部長、雇用形態、休職・復帰、退職、部署兼職とグループ社兼職のような発令を処理し、その内容を照会します。発令を処理した内容は、個人の人事情報に相互に反映されます。

  • 人事発令の区分を選択して、[追加] をクリックすると、発令の内容と対象者の情報を入力する画面に移動します。
    • 発令情報の入力画面で発令情報を入力して保存すると、発令の処理が完了します。
    • 名前、部署、役職、雇用形態などの関連項目の基準の検索を提供し、複数の選択が可能です。
  • 人事発令に基づいて発令日を設定することができます。
  • キャンセル可能な発令件は[キャンセル] ボタンが有効になります。次のような場合には、発令キャンセルができません。
    • 発令件を追加した後、発令日が到来する前に、新しい発令件が追加された場合
    • 移動部署が有効でない場合
  • 検索:発令期間、発令区分、社員名を基準に必要な情報をすばやく検索することができます。
  • ダウンロード:発令履歴をダウンロードしてExcelファイルに保存します。

新規採用

[社員管理] > [社員追加]に移動します。

② 新入社員の個人情報を入力して保存します。

  • 在職状態を入社予定に選択して、入社予定日は、今日以降の日付を指定して保存します。
  • 入社日に自動的に採用の発令を処理した後、入社する者にWORKPLACE招待メールが送信されます。

新規採用のキャンセル

  • 入社予定日の前にキャンセルした時、社員の管理画面から該当社員を削除します。
  • 入社日以降は採用発令のキャンセルが不可なので、 退職発令を実行してください。

部署移動

[人事発令]に移動します。

② 発令区分で部署移動を選択して、[追加]をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

発令日と発令する部署を入力します。

④ 発令対象者を検索して選択します。選択した対象は、右側の発令対象者リストに追加されます。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 部署で検索を利用すると、対象を複数に選択することができます。

[削除]をクリックして、発令から除外された対象を発令対象者リストから削除します。

[発令]をクリックします。

Reports To 変更

[人事発令]に移動します。

② 発令区分でReports To変更を選択して、[追加] をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

発令日を入力します。

④ 発令対象者を検索して選択します。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 部署名や社員名で検索することができます。

⑤ 当該社員のReports Toに指定する社員を入力します。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 削除するには、 [x]をクリックして、Reports Toに設定された社員を削除します。

[発令]をクリックします。

Reports To 発令のヒント

  • 社員別に仕事の役割に応じてReports Toを2人以上、複数の人数に設定することができます。
  • Reports To発令をキャンセルするには、人事発令のリストからキャンセルをクリックします。
  • 発令の内容の変更はできません。前の件をキャンセルした後に再び発令を処理します。

役職・職責の変更

[人事発令]に移動します。

② 発令区分で 役職・職責の変更を選択して、[追加]をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

発令日と発令する役職、または職責を入力します。

④ 発令対象者を検索して選択します。選択した対象は、右側の発令対象者リストに追加されます。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 部署で検索雇用形態で検索を用いれば、対象を複数に選択することができます。

[削除] をクリックして、発令から除外された対象を発令対象者リストから削除します。

[発令]をクリックします。

役職・職責の発令のヒント

  • 役職・職責を使用しないに設定することで発令が可能です。役職・職責を使用しないに設定すると、発令対象者リストに全社員が含まれ、全社員対象に「使用しない」発令を出すように設定されます。
  • 役職・職責は役職・職責の管理の設定値が反映されます。区分外の項目は、役職・職責の管理ガイドをご参考にしてください。
  • 発令をキャンセルするには、人事発令のリストから[キャンセル] をクリックします。
  • 発令の内容の変更はできません。前の件をキャンセルした後に再び発令を処理します。

雇用形態の変更

[人事 発令]に移動します。

② 発令区分で雇用形態の変更を選択して、[追加] をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

発令日と発令する雇用形態を入力します。

④ 発令対象者を検索して選択します。選択した対象は、右側の発令対象者リストに追加されます。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 部署で検索雇用形態で検索を用いれば、対象を複数に選択することができます。

[削除] をクリックして、発令から除外する対象を発令対象者リストから削除します。

[発令]をクリックします。

雇用形態の変更発令のヒント

  • 発令対象者を検索する時、変更する値に有効な対象だけが検索されます。(例えば、雇用形態を一般職に選択すると、現在の一般職の対象は、検索対象には表示されません。)
  • 雇用形態の区分には、雇用形態の管理の設定値が反映されます。区分外の項目は、雇用形態の管理ガイドをご参考にしてください。
  • 発令をキャンセルするには、人事発令のリストから[キャンセル] をクリックします。
  • 発令の内容の変更はできません。前の件をキャンセルした後に再び発令を処理します。

部長の変更

部長を「任命」または「解任」します。部長変更のためには「解任」を発令した後に「任命」の発令を実行します。

部長任命

① 発令区分で任命を選択して、発令日を入力します。今日の日付を選択すると、すぐに反映されます。

② 部長を任命する部署を選択します。部長がいない部署のみ選択可能です。

③ 発令対象を選択します。

  • 部長任命対象は、部署員のみです。もし部長任命の対象が他の部署の所属であれば、「部署移動」という人事発令を先に進めます。
  • WORKPLACEをグループ社の形で利用時、部長を元の所属が他グループ社の兼職社員に任命することはできません。詳細については、グループ社のガイドをご参考にしてください。

[発令]をクリックします。

部長解任

① 発令区分で[解任]を選択して、発令日を入力します。今日の日付を選択すると、すぐに反映されます。

② 部長を解任する部署を選択します。部長がいる部署のみ選択可能です。

③ 現在の部長名が表示されます。

発令をクリックします。

部長任命の発令のヒント

  • 発令をキャンセルするには、人事発令のリストから[キャンセル]をクリックします。
  • 発令の内容の変更はできません。前の件をキャンセルした後に再び発令を処理します。

兼職の発令

兼職任命・解任の発令を説明します。兼職任命は、複数の部署に属している場合に使用できます。

兼職任命

[人事発令]に移動します。

② 発令区分で兼職を選択して、追加をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

③ 発令区分で任命を選択して、発令日対象部署を入力します。

対象者から兼職任命の対象者を検索して選択すると、右側のリストに追加されます。

  • 2人以上の兼職発令を一度に処理することができます。

[発令]をクリックします。

兼職の解任

[人事発令]に移動します。

② 発令区分で兼職を選択して、追加をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

③ 発令区分で解任を選択して、発令日対象部署を入力します。

対象部署の所属社員のリストは右側のリストで照会できます。

⑤ 「兼職の解任」の発令対象者を選択して、[発令]をクリックします。

グループ社兼職の発令

グループ社の兼職発令は、WORKPLACEをグループ社の形で利用中、元の所属社員をグループ社の他社に兼職に発令(任命または解任)時に使用します。

[人事発令]に移動します。

② 発令区分でグループ社兼職を選択して、[追加] をクリックします。

③ 「グループ社兼職」の発令ポップアップが立ち上がります。

任命時:

  • 発令区分を「任命」に選択します。
  • 発令日を入力します。
  • 発令対象会社を選択します。グループ社内で使用中のすべての会社が公開されます。
  • 兼職発令を出す対象者を検索して選択します。
  • 兼職会社の発令対象事業場を選択します。
  • 兼職会社の発令対象部署を選択します。もし発令者がその部署の部長に任命されるべき場合、部長の有無をチェックします。
  • 兼職会社の役職・職責を選択します。
  • [発令] をクリックします。

解任時:

  • 発令区分を「解任」に選択します。
  • 発令日を入力します。
  • 対象会社を選択します。
  • 解任を発令する対象者を照会し、チェックします。
  • [発令]をクリックします。

グループ社兼職の発令のヒント

  • 対象会社の基本情報の設定に応じて、役職、職責項目がないことがあります。

  • 対象会社の該当部署に部長の有無に応じて、「部長の有無」をチェックができない場合があります。

  • 対象会社に既にグループ社に兼職状態である場合、対象者の選択時に事業所・役職・職責の項目は無効に見られるので、部署項目のみを選択することができます。

  • 兼職に発令された会社の役職の未使用、部署の削除など、人事システムの変動時に元の所属会社でグループ社兼職「解任」を発令した後に任命発令が必要です。グループ社兼職の発令時には、両社の人事担当者間の十分なコミュニケーション後に行ってください。

  • 兼職会社で役職・職責の変更がある場合は、その兼職会社に対するグループ社兼職をすべて「解任」の発令後に再登録しなければなりません。

休職発令

[人事発令]に移動します。

② 発令区分で休職を選択して、[追加] をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

③ 発令の内容を入力します。

  • 「復職日」、7日前に人事担当者に復職通知メールが送信されます。

④ 発令対象者を検索して選択します。選択した対象は、右側の発令対象者リストに追加されます。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 部署で検索を用いれば、対象を複数に選択することができます。

[キャンセル]をクリックして、発令から除外する対象を発令対象者リストから削除します。

[発令]をクリックします。

休職発令のヒント

  • 休職区分には休職管理の設定値が反映されます。区分外の項目は、休職管理ガイドをご参考にしてください。
  • 対象者を検索する時、変更値が有効な対象だけが画面の右側に表示されます。
  • 発令をキャンセルするには、人事発令のリストから[キャンセル] をクリックします。
  • 発令の内容の変更はできません。前の件をキャンセルした後に再び発令を処理します。

復職発令

休職発令で入力した復職日の情報を基に、復職日の7日前に人事担当者に復職通知メールが配信されます。

[人事発令]に移動します。

② 発令区分で復職を選択して、[追加] をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

③ 復職日を入力します。

④ 発令対象者を検索して選択します。選択した対象は、右側のリストに追加されます。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 全体をクリックすると、全休職者のリストを確認することができます。

[キャンセル]をクリックして、発令から除外する対象を発令対象者リストから削除します。

[発令]をクリックします。

復職発令のヒント

  • 「復職日」の7日前に人事担当者に復職通知メールが配信されます。
  • 発令をキャンセルするには、人事発令のリストから[キャンセル] をクリックします。
  • 発令の内容の変更はできません。前の件をキャンセルした後に再び発令を処理します。

退職発令

[人事発令]に移動します。

② 発令区分で退職を選択して、[追加] をクリックすると、発令情報の入力画面に移動します。

③ 退職日を入力します。

④ 発令対象者を検索して選択します。選択した対象は、右側のリストに追加されます。

  • 社員名を入力します。オートコンプリートを提供しています。
  • 部署で検索を用いれば、対象を複数に選択することができます。

[削除] をクリックして、発令から除外された対象を発令対象者リストから削除します。

[発令]をクリックします。

退職発令のヒント

  • 退職対象者がWORKPLACEの管理者の場合、管理権限を委任した後に退職発令が可能です。
  • 発令をキャンセルするには、人事発令のリストから[キャンセル] をクリックします。
  • 発令の内容の変更はできません。前の件をキャンセルした後に再び発令を処理します。
  • 退職者のログインID(業務メール)を他の社員に割り当てたい場合、退職者のIDを変更した後、(ex.retire0001@会社のドメイン)に他の社員にログインIDを割り当てて下さい。
  • WORKPLACE[Collabo]お客様の場合、ログインIDがNAVER WORKSのメールアカウントとしても使用され、退職日以降の7日間再利用することができません。

退職者の処理

退職者の場合、社員検索から検索できません。但し、退職しても退職発生時点より前に設定された内容が存在することがあり、次のように表示されます。

  • 退職発生時点の前に、文書を処理する人に設定された場合、名前の前に[退職]の表記が表示され、管理者に決裁ラインの変更案内メールが送信されます。管理者は、処理する人の編集を通じて他の社員に処理委託を行うことができます。

  • 退職発生時点から退職者の文書処理通知メールの画面に同意・拒絶・委任ボタンは無効にして公開されます。

  • [管理]> [決裁線設定]時、直接入力を通じて決裁者に指定された社員の場合、「退職」の表記が公開され、管理者は、キャンセルを押して決裁ラインを変更することができます。

関連情報のショートカット

下記のガイドで関連情報を確認することができます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...