始める前に

Q. WORKPLACE使用前に使用していた会計プログラムがあります。 データを移管できますか。

  • 外部データをダウンロードして、勘定科目コードとマッピングした後、WORKPLACEに移管できます。

Q. 外部会計プログラムの勘定コードとWORKPLACEの勘定コードが合いません。 どうすればいいでしょうか。

  • 勘定科目ファイルをダウンロードして、WORKPLACEの勘定項目とマッピングして、勘定科目に合わせてアップロードできます。

外部データ移管プロセス

外部で使用していた会計およびERPプログラムの取引先、預金·積金、法人カードおよび勘定情報(管理項目含む)は、WORKPLACEで使用するコード情報と一致しないため、WORKPLACEに移管する際にデータマッピングが必要です。 WORKPLACEの取引先/預金/法人カード/勘定科目情報と外部ソリューションデータをExcelなどのツールを通じてWORKPLACEコード情報に合わせ、伝票を登録すればデータを簡単に移管できます。

事業場の確認

アップロードする伝票にある事業所は事業場のリストに追加されていなければならず、なければWORKPLACE管理 > 基本環境 > 事業場の管理で追加する必要があります。

基準情報設定

会社の決算及び区分及び基準通貨等の基準情報を設定して会計管理環境を設定します。

基準情報の設定方法リンク

取引先の登録

取引先情報を登録および管理します。 外部で使用した取引先データはWORKPLACEのサンプル様式を使用してアップロードします。

取引先の登録方法リンク

勘定科目及び管理項目の確認

勘定科目と管理項目を確認·管理します。 WORKPLACE勘定情報データをダウンロードして、外部で使用した勘定科目と比較します。

勘定科目の管理方法リンク

管理項目追加

管理項目の共通コードを登録および管理します。 共通コードの詳細コードを追加できます。

共通コード管理方法のリンク

預貯金口座

会社の預貯金口座を登録·管理します。

預貯金口座管理方法のリンク

伝票登録

外部会計システムからダウンロードした伝票をWORKPLACE伝票サンプルファイル様式に合わせて作成し、アップロードします。 伝票作成に必要な勘定、取引先等の情報は、"設定ファイルダウンロード"からダウンロードして確認します。

① 外部会計プログラムからダウンロードした伝票をWORKPLACE サンプルファイルに合わせて作成します。取引先、勘定科目、預金口座、法人カードなどの情報は、先に登録した情報と同一である必要があります。

② 作成した伝票ファイルをアップロードします。

登録データの確認

  • 一括でアップロードした伝票データをWORKPLACEシステムから行単位で確認します。
  • 表示された部分は、データにエラーがあるものにエラーを修正して再アップロードします。
  • データにエラーがなければ、データ確認ボタンをクリックします。

データ登録時の不具合メッセージ

No エラーメッセージ 解決方法
1 有効な勘定コードではありません。勘定科目コードを確認してください。 設定>勘定科目の管理画面または設定ファイル:勘定科目/管理項目をダウンロード後に勘定を確認します。
2 勘定科目名が勘定科目コードが一致しません。勘定科目名を確認してください。 設定>勘定科目の管理画面または設定ファイル:勘定科目/管理項目をダウンロード後に勘定を確認します。
3 伝票番号{0}:借方·貸方の合計が同じでないか、伝票の基本情報(事業場、伝票日、摘要、通貨)を確認してください。 伝票の基本情報にグルーピングされ、伝票が作成されます。 伝票の基本情報を基準に借方/貸方金額を確認します。
4 通貨コードが有効ではありません。 通貨コードを確認してください。 設定>共通コード管理AC018通貨コードを確認します。ISO4217で制定された通貨コードを使用します。
5 取引先名が取引先コードを一致しません。取引先名を確認してください。 設定>取引先の管理画面または設定ファイル:取引先をダウンロードして取引先名を確認します。
6 借方と貸方のいずれか一方の金額だけ入力可能です。 借方と貸方の両方の金額を入力することはできません。 同じ勘定でも2行で入力してください。
7 勘定科目コードが入力されていません。勘定科目コードを確認してください。 設定>勘定科目の管理画面または設定ファイル:勘定科目/管理項目をダウンロード後に勘定を確認します。
8 通貨コードが入力されていません。通貨コードを確認してください。 設定>共通コード管理AC018通貨コードを確認します。ISO4217で制定された通貨コードを使用します。
9 取引先コードが入力されていません。取引先コードを確認してください。 設定>取引先の管理画面または設定ファイル:取引先をダウンロードして取引先名を確認します。
10 摘要が入力されていません。 摘要を確認してください。 摘要は必須入力項目です。
11 伝票日が入力されていません。伝票日を確認してください。 伝票日は必須入力項目です。
12 事業場が入力されていません。 事業場を確認してください。 事業場は必須入力項目です。管理>基本環境>事業場の管理画面または設定>データ移管画面で現在登録されている事業場が確認できます。
13 管理項目が登録されていません。 設定>勘定科目の管理画面または設定ファイル:勘定科目/管理項目をダウンロード後に勘定の管理項目を確認します。
14 管理項目名1が有効ではありません。管理項目名1を確認してください。 設定>勘定科目の管理画面または設定ファイル:勘定科目/管理項目をダウンロード後に勘定の管理項目を確認します。
15 伝票日が日付形式に合っていません。伝票日を確認してください。 伝票日はYYYMMDD形式で入力してください。
16 伝票日が締め切りました。 伝票日を確認してください。 締め切られた月は伝票を作成できません。 伝票>締め切り管理画面にて締め切り有無を確認してください。
17 伝票日が締め切り、登録処理されていません。 締め切られた月は伝票を作成できません。 伝票>締め切り管理画面にて締め切り有無を確認してください。
18 権限がないか登録されていない事業場です。 事業場を確認してください。 事業場は必須入力項目です。管理>基本環境>事業場の管理画面または設定>データ移管画面で現在登録されている事業場が確認できます。設定>権限管理>事業場権限の画面で事業場権限が確認できます。

登録済み

  • データ検証が完了すると、伝票が作成されます。
  • 登録された伝票は、伝票作成/照会メニューからご確認いただけます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...