紹介

債権の受給と債務の支払のための伝票作成と会計処理方法を説明します。 作成された入金/出金の伝票内訳をもとに債権/債務状況を確認できます。

① 債権/債務管理メニューは入金内訳伝票作成、出金内訳確定、出金内訳伝票作成、債権/債務状況で構成されています。

検索:照会条件を入力すると、必要な内容を素早く検索することができます。

③ 便宜機能:複数の伝票を一括して処理するときに使用します。 伝票の状態によって使用可能なボタンだけ有効になり、担当者及び管理者権限によって機能構成が異なります。

④ 伝票リスト:保存された伝票リストを確認し、伝票詳細情報を照会します。

入金伝票の作成

入金伝票を作成して債券を管理します。 入金伝票を作成する前に返済処理する伝票作成が先行されなければなりません。

債券/債務管理 > 入金伝票作成の画面に移動します。

追加ボタンをクリックします。

③ 表示される入力フィールドに内訳を作成します。

  • 「取引日」に入金日を入力します。
  • 「社内口座」に債権を受給した口座を選択します。 預貯金口座の管理に登録された口座から選択可能です。
  • 「区分」から債権の受給形態を選択します。 手形選択時に、[メモ] を開き、手形情報を入力します。
  • 「通貨」は、選択した社内口座の通貨設定値として表示されます。
  • 「入金金額」及び「適要」を作成します。

入金内訳の保存をクリックして内容を保存します。

⑤ 返済伝票登録をクリックし、返済処理する伝票を選択し、手数料を入力します。

伝票作成をクリックすると、入金伝票作成が完了します。 ⑤に「入金伝票番号」が作成されます。

出金内訳の確定

伝票作成時に入力したスケジュールの支給予定日の最新順に、担当者は未確定の件、管理者は確定要請の件が優先的にソートされます。 担当者は出金すべき件について承認を要請し、管理者は確定します。 管理者が確定すると、出金伝票作成メニューから伝票作成が可能です。

債券/債務管理 > 出金内訳確定に移動します。 出金を確定する内訳を選択します。

確定要請をクリックします。

担当者権限

  • 確定要請:担当者が確認後に承認権限者から確定を要請します。
  • 支給予定日一括変更:リストから複数の出金内訳を選択し、[支給予定日一括変更]をクリックし、日付を指定して保存します。

承認者権限

  • 確定/差戻:確定要請の件に対して確定または差戻処理を行います。
  • 確定取消:確定の件を取り消します。

出金伝票の作成

出金伝票作成画面は、出金確定内訳を支給予定日、取引先別に返済金額と出金金額を合わせて表示します。 出金方法を選択した後、伝票を作成します。

債券/債務管理 > 出金伝票作成に移動します。

② 項目を入力します。

  • 区分を選択します。 手形を選択する際は、手形情報(手形番号、満期日)を入力します。
  • 取引先の口座が登録されていない場合、[口座登録]ボタンをクリックしてすぐに登録が可能です。

伝票作成をクリックします。 「出金伝票番号」が作成されます。

債券/債務状況の確認

債権と債務勘定科目として登録された伝票を基準に債権/債務状況を照会することができます。

  • 権限がある「全体の事業場」の「債権」に対する「伝票日の1日から本日」までの現状を検索します。
  • 最新伝票日を基準に、取引先の発生金額、返済金額、残額が照会されます。

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...