紹介

設定には会計の基本設定のためのメニューと書式定義のためのメニュー、そして便宜機能を提供するメニューで構成されています。 本節では、基本設定メニューを除く設定メニューを説明します。

  • 書式定義および管理メニューは、すぐに使用できるよう基本設定が完了して提供されます。 設定変更は、会計管理者の固有の権限です。
  • 会計担当者は設定内メニューのうち、取引先、為替照会メニューのみ使用可能です。

勘定科目の管理

勘定科目の情報を確認または修正し、新しい勘定科目を追加します。 会計に必要な基本的な勘定科目は基本設定され、提供され、当該の勘定は削除できません。

設定>勘定科目の管理に移動します。

②[追加]をクリックします。

③ 入力フィールドにアカウント情報を入力します。 星印で表示された必須値を全て入力します。

  • 補助画面:勘定科目の補助画面が必要な場合に選択します。 補助画面には付加税貸給金、付加税前受金、源泉税があります。
  • 債権債務:当該勘定が債権なのか、債務なのかを選択しなければ債権/債務現況照会はできません。
  • 伝票入力:"伝票入力"を選択しなければ、伝票作成時にアカウント照会が不可能です。
  • 摘要:勘定科目でよく使われる摘要を登録し、伝票作成時に使用します。

④ 「管理項目」を設定します。

  • 項目の追加、削除が可能です
  • 項目ごとの手順、必須かどうか、入力フィールド形を設定します。

保存をクリックします。

共通コードの管理

会計サービスで使用するコードを確認して、追加します。 詳細コードのみ追加、修正、削除が可能です。

設定>共通コードの管理に移動します。

② 修正するグループコードを選択します。

③ 細部コードのリストから[追加]を選択します。

  • [削除]および[手順の変更]も可能です。
  • 設定した順番にリストに表示されます。

④ 細部コードのコード、コード名、桁、単位、使用のてを入力します。

⑤ 設定が完了したら、保存をクリックします。

伝票様式の照会

提供される伝票様式を確認します。 伝票様式は伝票タイプ、勘定科目、借代区分、処理タイプ、摘要の情報を含みます。

財務諸表様式の管理

財務状態表、損益計算書、合計残高試算表の様式を管理します。 詳細項目を修正または削除し、追加します。 財務諸表では登録された「手順」通りにソートされます。

設定 > 財務諸表様式の管理に移動します。

設定する様式を選択します。

財務状態表損益計算書合計残高試算表

⑤ 項目を追加するには[追加]をクリックします。 [削除]を利用して分類削除も可能です。

⑥ 表示される入力フィールドに内容を入力します。

  • 手順:財務諸表で数字順に並べ替えられ、照会されます。 順序変更は順に数字を入力します。
  • 分類名、レベル、位置を入力します。
  • 強調:チェックボックスを選択すると、財務諸表で分類名が強調され表示されます。

⑦ 勘定科目を管理します。

  • [追加] ボタンをクリックして、数式を選択し、勘定科目を照会および選択します。
  • [削除] ボタン選択時に削除されます。

保存をクリックします。

為替照会

外換銀行が告示した為替情報をもとに日付別の為替照会を提供します。 基準情報で設定した基準通貨に換算された為替レート情報が表示されます。

設定 > 為替照会に移動します。

② 照会する日付を選択します。

③ 為替情報で提供するすべての通貨リストが表示され、基準通貨に換算された通貨別の為替値が照会されます。

参考事項

勘定科目別管理項目表

に対する検索結果は~件です。 ""

    に対する検索結果がありません。 ""

    処理中...